忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わーい、甘党閣下がいっぱい苦悩してる~~~!←駄目だコイツ……。
……ま、内容が内容なので、テンションは抑え気味で行きますけどね。




苦労人ケスラーさん。
余計なことって何考えてたんだろう……噂のことかなやっぱり。
グリンメルスハウゼン文書はまだ彼が管理している、んだよね?
果たして彼は甘党閣下の部分を読んだのか、読まないまま破棄されたことだけを告げられたのか。さーて、どっちだ?(笑)
でも「宮中の用事もたいした事は無い」と言ってる甘党閣下に、冷静沈着だと評してるんだから、呼び出された理由があの噂だとは判ってるのか。
その騒動の顛末まで既に知っているのだとしたら、ケスラーの情報網も捨てたもんじゃないね!流石未来の憲兵総監です(笑)
というか、キスリング(准将おめでとう?!……これはあれか、フェザーン関係を潰した功績か?とするとアレコレ調べ上げて拘束しに行ったのはキスリングたちかー。名前を見せずに色々働いてますね!ちょっと不憫だけど)とケスラーは仲がいいのですね。
憲兵隊時代の関係がまだ続いてるとは、キスリングもけっこう尊敬して信頼してるのかな。まあ、甘党閣下を心配する苦労人仲間でもあるし!(笑)

完璧な人材登用とか素晴らしい素敵勘違い!(笑)
いや、ある程度は原作以外の人員も取り入れてるし、ズレを考慮して実際に調べてはいるだろうけれども。
ケスラーからは相変わらず微妙にフィルターが掛かってるのですね。
其処がステキです。

そんな甘党閣下に言わせると義眼君は『毒』になるのですね。
原作を見ていると、ある意味金髪くんを追い詰め孤立させて死に至らしめたのはたしかに義眼君という劇薬を使いすぎた所為、とも言えるのかしら。
ゴールデンバウム王朝を憎んでいる、という一点で結びついた原作主従ですし。
人を呪わば穴二つ、というヤツですかね。
……まあ、あの情け容赦ない策を見ていると、義眼君は自分も含めてこの世界を呪っている様な気がしますしね。甘いところのある甘党閣下が忌避するのは当然のようなお人柄ですし(笑)

でもあれだけ義眼君の性格形成を考察してしまうと、甘党閣下もやるせない気分になるでしょうねぇ。
成るべくして成った性格。ひょっとすると自分もそう成ったかもしれない、もうひとつの姿、にも見えますし。
それを防いだ、御両親の甘党閣下を溺愛する姿が見たいです!くうううう~~。
義眼君に暗殺対象として狙われるかも?と考えるとすっごい鬱になるでしょうしねー……どーしてこーなった|||orzなかんじで。
そして、排除しようにもすでに金髪くんの懐に入り込んじゃっている。計算違いも甚だしい!と歯軋りもんですしね。
出会いのときの混乱っぷりが気になります。どんな受け答えしたんだ?(笑)
あとは金髪くん自身がなんとか防波堤になってくれるか否か……さて、うかうかと利用されてしまわないように、甘党閣下は何か手を打てるのか。それとも暴発に利用するのか。
金髪くんと、ついでに赤毛くんの明日はどっちだ?!
あ、ケスラーさんの勘違いはとってもステキ☆ですね。萌えます。
客観的な甘党閣下の腹黒っぷりがとってもよく判りますしね!(笑)
もっともっと勘違いして欲しいな。

最後の甘党閣下の耐えるかのようなお顔、大変ご馳走様でした…ご飯3杯はイケル!(腐)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]