忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なろうの掲示板はたまに不思議さんがいるw若さって良いなあ……?
というか、最近あちらの住人の皆さんは自重してるのか、おとなしい。
そういう私もアッチではすッごーーーーーーーくテンション抑えて最低限しか書かないわけですけども。
感想妄想読むの好きだっただけに、ちょっと悲しい……しょんぼりー。






そんなわけで、ヴァレリー姐さん!
そんな真っ黒い人たちの間に入ってお茶の味が分かるのか?!(笑)いきなり可哀想な状況だな~。
お茶が出ているかどうかも分からないけど。ていうか、何もいわれずとも、リヒテン爺ちゃんの家でココアが用意されるようになってるのかな。
リヒテン爺ちゃん、ますます可愛くなっちゃって、どうしてくれよう~~←どうもできるわけがない。
ミュッケン爺ちゃんじゃなくて、この辺のお話はやっぱりリヒテン爺ちゃんじゃないとね!
ていうか、この程度のお話は雑談なんだ、そーなんだ……じゃあ、ヴァレリーがいない間のお話はどんなもんなんだ?という気分。きっともっと悪辣で真っ黒いんだな。
カストロプ公のくだりで、ヒトでは無い何か、とか言ってるけどヴァレリー姐さん。むしろ、人だからこそだと思うのですよ?まあ、違う人種と言うのはあるでしょうが(笑)
その辺の感性は普通のヒト代表で持ち続けて欲しいものです。
突っ込み担当はいろいろと大変だと思いますけど。
甘党閣下の目指す平凡な日常の指標になるでしょうからね!……まあ、既に染まって普通のヒトよりは黒くなってそうですけど、まだ一般人だと思うし。
リューネさんは喜んで加担しちゃいそうなヒトだしな!当てにならん(笑)


リヒテン爺ちゃんとは祖父と孫な感じがとっても嬉しいv……仲良くみえてても、内心ではお互いがお互い敵に回ったときのことも考えてたりはするんだろうな、とは思うのですが。政治と陰謀の使い手はそんなもんだよね。なるべく敵に回したくは無いと思ってても、どうにもならない状況もあるだろうし。
でもだからこそ、今この二人が穏やかに話していられるのがうれしいなぁ。内容が物騒でもね!すっごく楽しそうだから無問題(笑)
リヒテン爺ちゃんにとっては、同じ速度の思考と目線で話せる人というのは非常に稀だったと思うのですよ。
そして、この相手は無理だと思った瞬間から、話す事を諦める。それはある意味、自分から関わりを、理解を求めなくなるという行動でもあるわけで、本当の味方も作れなくなる。
宮廷政治の世界にいれば、常に周りは敵ばかり。今日は友人でも明日は敵、いやそもそも友人ですらない、という日常だったろうし。
格下の部下は利用は出来ても頼みとするには物足りず、同格の相手は常に敵に回る可能性がある……うっわ、孤独ですね。
甘党閣下が同じ道を歩むだろうだけに、哀れんでしまうんでしょうが。
でも、そうやって理解してくれるヒトがいる限りは甘党閣下は本当の意味で孤独じゃないよ!頑張って生きててよ、リヒテン爺ちゃん!!と思うのでした。……まあ、順当にいけば年齢的に後を託して置いていってしまう訳ですけどね。
そーいや、カストロプ公と甘党閣下の因縁のことは知ってるのかな?弁護士仲間や貴族の一部ではそれなりに噂も流れてそうだったけれど。其処まで当時のリヒテン爺ちゃんが聞いていたかどうか。カストロプ公の噂、として集めてはいたかな?
皇帝陛下は知ってそうだけど、果たしてそれをリヒテン爺ちゃんにまで明かすか否か。甘党閣下が二人きりの密談のときに話したか……?話さないよなあ、普通に考えて。訊かれても明言するかどうか。
ああでもリヒテン爺ちゃんが

「公が貴公の仇だ、という噂があるが」
それにヴァレンシュタインは応えず、ただ何時もの笑顔を浮かべていた。だが、一瞬だけその瞳に浮かんだ光をみた。
なるほど、それが答えか――

みたいに、無言で察してくれてるというのもありだよね!
でもカストロプ公が生贄で飼われていた羊だって事はお互い承知してるようだし、その事実をどうして甘党閣下が知っていたのか、ということになると……うーん?またここで闇の左手疑惑を持っちゃうのか?関係者から聞きました、位はいえるのかな?
ま、知ってたところでリヒテン爺ちゃんが特に何を言うということは無いだろうけれど。せいぜい情け容赦なく徹底的にカストロプ公を追い落とす、位で。孫に甘い爺ちゃんだな!大好きだ!(笑)


ステキ爺ちゃんでコチラの機嫌が大変よくなったところで、赤毛君……あれ?進化してなくね??疑心暗鬼は未だ変わらず??
金髪くんは成長しようとしてるけど、不足してることなんていっぱいあり過ぎて高みを目指すのは大変だぞ?(笑)
というか、今の段階で金髪クンは赤毛クンをどう思っているのか。一瞬赤毛クンに流した視線の意味は何だ??ううん???オーベル君のほうを頼りにする、何てことは無いだろうけど、謀略面に関しては当てにならない、と判断したか??あんれ?主従の絆にひび割れフラグが此処に????
というか、失敗も思い違いもいっぱいしている甘党閣下を知らないだけで、完璧というのは……うわぁ、どうしたらこの子が成長するのか分からない!でも傍から見るとそう思えちゃうのか?
…………勘違いって大変だなあ。
他人を貶めて安心しようなんて考えてるようだと、金髪くんにすら置いていかれるって事に赤毛クンが早く気が付くといいですね。
でも成長フラグがぽきぽき折れてるだけに、不安で仕方ありません。

次の更新がまたはらはらどきどきです…w

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]