忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

副題見て、ええええその作戦やっちゃうの?!(涙)と思ったのでした。
よかったよかった。ほんと作者様は油断ならないお人だぜ……。





前回の妄想語りに書き忘れてましたが。
シュタイン爺ちゃん、甘党閣下にお願いされた仕事はそりゃあもう完璧に、職人的なたくみの技で仕上げてくれるだろう!とがっつり妄想(笑)。
「いいか、我々の仕事は帝国の未来を決する重要なものだ。身内の粗探ししか出来んような憲兵隊の奴等とは一味違うのだと、甘党小僧に教えてやれ!」と檄を飛ばし、陣頭指揮にすら立ちそうな。漂うデブリまでも網羅しそうな勢いで詳細に集める星域情報。さらに補給基地建設計画や、通信衛星の設置場所、戦力展開最大数予想などなど~もつけた、まさに統帥本部の仕事の粋を見せ付ける逸品に(笑)
へたすりゃイゼルローン回廊よりも詳細かもしれない。これを以ってして、どんな小惑星帯に突っ込もうと迷子になったなどとは絶対に言わせん、と言うくらいの。
どうだ、と胸を張るシュタイン爺ちゃんに「……凄いですね」と目を瞠る甘党閣下。
「そうだろうそうだろう、なんと言ってもわしの部下達は精鋭揃いだからな」とデレっぷりを発揮してくれればいーと思うの!
「こんなに完璧に仕事をされては、宇宙艦隊は勝つ以外の道はありませんね」とついでに甘党閣下も受け入れてくれれば良いかな……こいつ、ほんとはカワイイ爺さんだ、と(笑)。


それはともかく、99話!メックリンガーさん、お久しぶりですー!(笑)
一番の問題は女性下士官達のお仕事姿艶姿でしょう!
あれですね、思わず緊張するほどの美人揃いとはなかなかやるな……(にやり)
やはり常に艦隊指令達やその指令部員という将来有望な若手に見られている!と意識しているのと、仕事で「甘党閣下に」認められているという自信が美人度に磨きをかけるのですね。うふふのふ。
しかし、欠片も気がついてなさそうな甘党閣下が朴念仁過ぎて萌える。
きっとリップの色も、髪型の変化も、気がつきはしないんですね。それとも、元日本人公務員の気遣いの人としては、一応変化には目敏く気が付いて褒めるのか。
さあ、どっち?!
まあ甘党閣下が駄目でも、代わりに各艦隊の士官たちが見てくれている、ということでしょうか。
お茶汲み1つでも熾烈な争いがあるに違いない!仁義なき女の争いです。怖そう!
まずは、どの提督担当か、で第一回戦。
すでに彼氏のいるヒトは遠慮しろとか言われても、それとこれとは別問題!ですしね。
そんな彼女達がお茶を配るときには無言になる提督たち……。ちょっと、その視線は何処に向かってるのー?と想像せずにはいられない(笑)
顔や手なら、まあいいでしょう。ただ、カップを置くときに少しかがんで近づいた胸元や、髪の香りに悩殺されてたら、ドンだけ女日照りーーー!っと、これ以上は腐じゃない18禁に足を踏み入れそうなので自粛。まぁ男性向けエロゲ程度の妄想とはいえ、止めときましょう。うん(笑)。


新無憂宮でお爺様達を相手取って手のひらに転がしてきた後だけに、各艦隊司令官がさぞや可愛く見えたことでしょうね。非常に分かりやすくて。腹黒め!(ほめ言葉)
でもまあ、どちらが疲れるか、と言えば……こっちのような気がするなぁ。
共に迎え撃つ、というステキ爺ちゃんズの気概に比べれば、全て閣下にお任せします、と言わんばかりだもの。いや、軍人なんだから上意下達はそれで良いんでしょうけど。やれることは確かに今の段階じゃ艦隊司令官には訓練くらいしか無いわけですけど。
国策と機密事項まみれじゃ、甘党閣下も他の人に話して相談するということも出来ないのは……わかるんですけれど。
そういう責任や期待をやる気に換えられる様なタフな精神構造しているなら、まだいいのでしょうけれど。甘党閣下は……うーん、どっちだ??策が進んで上手く行けば行くほどなんか、切ないです……リューネさんにちょっとは息抜きでも教えてもらうべきだと思うよ。悪い遊びばっかりになりそうだけど!(笑)
>まあこの人の事だ。上手くいかせるのだろう……
っていう一言がもうね!その信頼度はいいけれど!
心酔しすぎはヤバイんでないのか?と思わずにはいられないというか。
それをさせ得るからこその司令長官ではあるけれど!とか!!
ああもう甘党閣下の代わりに泣いて詰ってやりたいですよ。
こっちは読みながら、嬉しいんだか、悔しいんだか、切なくなっちまうデスヨ!二次元の妄想だけどね!!このくらい感情移入しなきゃ腐妄想は書けないんじゃ!(←それもどうかと)
そもそもこの艦隊指令官たちはあの時は協力し合ったし、信頼関係もあるけれど、それでもやはり血気に逸る事が無いとは言えないほどに若いわけで。
心酔するあまり、自分だけがもっと覚えめでたくなろうと余計な所までやり過ぎて……という方にまで発展しないで欲しい所です。だれか、危険に気が付いて調整役に回ってるといいなあ。おもにメルカッツ提督なんでしょうけど、これは若手の艦隊司令官たちと他の古参の艦隊司令官達との間に立ちそうだし。もう一人若手同士の間に立つ誰か……ケスラーは苦労人だからがんばるか?ロイエンタールは分かってても、静観しそうな気配が。というか、もと金髪配下だからなあ。
というか、金髪君はこの会議にいるよな???皆さんにどんな風に受け入れられているんでしょう。気になーるううううううううううう!
それこそオーベル君が甘党閣下を引き摺り下ろすのにつけこみやす……いや、あれ、オーベル君はどっち側だかまだ解らんのでしたか。
あ、元教官で面倒見のいいお兄さんなイメージのクレメンツさんとかどうだろう。
年長組頑張れ!


とまあそんな会議の後の、甘党閣下の思索。
焦土作戦を取らない理由がつらつらっと。
……うん、その作戦を取らないデメリットを数え上げ、あえて困難な道を選択する、と自身に言い聞かせている気もしますけど。感情を理屈で覆い隠す、という理論武装?
同盟の軍人三千万人を切り捨てる代わりにせめて辺境地区の住民は、という贖罪のつもりでも良いです。自身で生死を選ぶことすらままならない状況ほど、腹立たしいことは無いでしょうし。食料引き上げという『権力の側からの暴力』と変わらない仕儀は、両親の死をも思いだせるんじゃないかな、と。

そんな甘い甘党閣下に心酔するのもむべなるかな、というわけで。
いつかヤンが恐れた『帝国軍という名の、臣民の為の国軍』になっていくのかな、と先の展開を妄想しつつ、切ないぜパワーで小話妄想でも考えてきます……でも、こういうときは出来上がるのは反動でアホ話なんですけどね!(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
メルフォの設置ありがとうございます。
あえてこちらで長文だだ漏れ、行きますよー!

確かに、タイトルを見た時は「うはっ」と思いましたが、以前の感想欄で作者様が焦土作戦に否定的な意見を書いていらしたため、安心して読み進めることができました。

シュタイン爺ちゃんはとっても素敵なツンデレさん。以前と違い、仲間はずれにされなくなったので、ツンデレさんの本領発揮ですね!「ふん、儂は儂のなすべきことをしているだけじゃ。卿から依頼されるまでもない」とかなんとか。

芸術家提督はちょっと引いた視線から眺めていて、私の中で「実はメックリンガーって女に関して百戦錬磨?」疑惑を持ってしまったことは内緒です。←堂々と書くな!
ほかの提督方も高級士官なのでそれなりにモテるのでしょうが、金銀妖眼を除きどうしても男子校中高校生レベルの初心さを想像してしまうのです。←最近の子供たちがどんなナノかは知りません

妻帯者も幼なじみとか、友達の姉妹もしくは友達とか、お見合いとか、それなりに落ち着いた男女交際の末の結婚を想像。
芸術家は芸術家であるが故に、感情の発露としての恋愛をしていそうで、意外にスゴいんじゃないの?とか思ってしまいます。

甘党閣下は気づいているとは思う。そして「ああ、髪型を変えたのですね、お似合いですよ」とか、下心なしに発言して女性陣のやる気をアップ。
若手有能将官がいつも出入りしているし、女として手を抜けない→ますます女磨きに力が入る→更に華やかな職場に の好循環ループ。
美しく実力のある女性士官の溜り場となる訳です。
ただ、レベルが高くなりすぎて、甘党長官は不感症に。男の子としては残念な感じか?
結婚もしくは妊娠で休職 or 退職することが決まると、自薦他薦を問わず壮絶な争いが繰り広げられそうです。各部署からすれば、長官室勤務の女性士官を何人送り込めるかが影響力のつかみ所。おじさん達の争いもスゴそうだなぁ。
天然ちゃんに振り回されるココア氏も面白そうだ。←待て

副官チームは上官の用事で長官室に行くのを緊張しつつも楽しみにしているとか。

…18禁どころか21禁を想像してしまいましたよ。

提督方は甘党氏に絶大なる信頼を寄せていますね。
金髪氏や義眼氏も列席しているとは思うのですが、どうなんだろ。甘党氏のフォロー&皆の目がフェザーンに向かっているので針の筵にはならなそう。ここの金髪君なら甘党氏を立て、部下としての態度を取れそうなので、大きな問題は起きなさそうです。長官・副長官の関係が良好かつ安定しているので、提督方も安心して職務に励むことができる。

副官ヴァレリー姉さんの出番が最近少なくなっているようですが、仕事のフォローはともかく、私生活のフォローに励んでそう。「仕事の部分はいくらでも人材を集められるけど、プライベートはいないのよね。今日も愚痴をこぼしながらケーキかクッキーを焼くのかしら?そういえば無塩バターの在庫が切れそうだったわ」とかいいながら、材料の手配も抜かり無くやってるとか。
甘党長官も家に帰って母親に学校の愚痴をこぼす息子のごとく「あの爺達が今日も無茶振りして来て、スッゲー面倒」とかなんとか愚痴ってみたり。

ヴァレリーさんとリューネさんの大人な関係も想像。21禁どころか35禁くらい。←アニメのシェーンコップとのシーンが…

猫とか電子ペットとか飼って、人間語を話さない彼らを相手に愚痴をこぼすのもアリかな。
出張の際はペットホテルに預けるけれど、居残り組の女性士官の間で「我が家でお預かりしますよ、猫好きですし」とかの争奪戦もおもしろい。
長官室に癒し系の大型犬が出勤していて、休憩時にモフられているのも良さそうだなぁ。「閣下、ジャケットに犬の毛が」とか、コロコロを手渡すのにも争奪戦が繰り広げられたり。

若手の血の気を抑えるのは年上組のお仕事。
境界線は30代前半と後半くらいでしょうか。
こちらの作品では、提督方の一致団結度(甘党氏心酔度)が上がっているように見えるので、叔父様組に諭されるのか、甘党長官がしっかり方針を伝えているが故に浮つきそうな心を抑えるのか。その辺りも興味深いです。

そういえば、こちらの作品ではほとんど蜂蜜髪の出番がないのですよね。まっすぐな彼が甘党氏をどの様に見ているのか、「さすが、ヴァレンシュタイン長官。俺には想像もつかないことをなさる」とか、あっさり受け入れているのかしら。

焦土作戦を取らないと決めている甘党氏。その分謀略に手間隙をかけ、自分を苦しめているように見えますが、「人命を大切にする」彼の姿勢が、自然と提督方をはじめとする兵士、臣民の心を掴んでいるのでしょう。

想像の翼を羽ばたかせまくりました。
長文失礼致しました。
oskar 2010/12/07(Tue)17:47:44 編集
Re:無題
メルフォじゃなく、あえてこちらに来るとは!(笑)
どんど来いですともー!

シュタイン爺ちゃんはツンデレさん♪を定着させて私は喜んでますが、実際のところ、作者様の想定はどうなっているのか謎ではあります。まあ、どんなのが来ても可愛いという評価に変わりは無いんですけどね!

メックリンガーは……えーと、大人じゃないですか?普通に24禁くらいは軽く逝っちゃう位の。鯉の熱は芸術には不可欠だと思いますし。その辺の貞操観念はどうかな~……(笑)
きっとそういう意味では一番大人。一時の情熱で色々とできちゃう人のような気がします。
ロイエンタール以外は士官学校からこっち、戦場続きでしょうから、妙齢の女性と話すことすらも稀なんでは無いか、と思ってます。昭和の時代な男子学生を思い出しますね!最近のコも田舎にいけばそんなに擦れては無い、昔通りな感じですけど。
だから、幼馴染とか看護婦さんとかに引っかかるのね、と(笑)
究極的に出会いが少ないんだな!と思う場面です。

甘党閣下は現代の感覚があるから、普通に綺麗だなーくらいでスルー?
副官さんたちは…え?私ってば15禁くらいのウレシハズカシストーリーだと思いました。女性側からは25禁くらいかも、と思いますけど(笑)
でもヴァレリーもそうですけど、疲れてたら早々その気にはなりませんよねぇ……いや、かえってストレス発散に……おとと、あぶないあぶない。げほごほ。
癒しをかねてアレコレ気を配って欲しいものですね!
提督たちとのフォローは女性陣総出で。なるべくこまめに連絡とって、甘党閣下の仕事を先回りしちゃうvvとか位に有能になってそうです。閣下にも認められ、提督たちにも恩と顔を売り、と遣り甲斐のある仕事場ですね。
……長官室の『癒し系の大型犬』で鉄壁君を想像した私は間違っているでしょうか。←腐!
色々苦しい甘党閣下の、公私両面の癒しになって欲しいです。だって、腐だから!(笑)

そーいえば、確かに蜂蜜さんの描写はあんまりないですね。ロイロイはあるのに……あれだけキャラがいると平等にしゃべらせるのは至難の業ですが。
日常の一場面とかも描かれることがあれば、そのうちしゃべる、かも?を期待することにします。この世界の蜂蜜さんは甘党閣下をどう見ているのでしょうね。妖瞳が信頼してるならば俺も、というスタンスかしら。判断が難しいです。

ヒトに甘い姿勢が甘党閣下の甘党閣下な所以。そして無意識にヒト誑し街道を突っ走って欲しいものですね!
そして、それをニマニマ眺めたいっ!

うふふふふ、また妄想の翼で羽ばたいてくださるのをお待ちしていますv
【2010/12/08 23:51 つくも】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]