忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うわあ、な感じの追撃戦ですね。
これでようやくシャンタウ星域からは出たわけですが……まだまだ続くよ何処までも、カナ?

【19日04:00】
しかし、ビュコック爺ちゃん、こんなに爺言葉だったっけ?(笑)
いや、書き分けという意味ではそれもいいかな、と思ったりはするのですが……ううん、アニメを見ていない弊害がここに。そっちと比較が出来ない。
くぅ。誰か教えてください。
ウランフさん、何とか生存したのね。いやあ、他の艦艇を逃すのに、最後まで留まってお亡くなりに、何てこともあるかなと思ったりしてました。まあ、ここで多少は生き残った提督が居ないと、これからますます涙目に(笑)
しかし、帰還後の人事がわけわからん状況ですね。
誰が残ってるかしら……焦土作戦はなかったからキャゼルヌさんは辺境行きは無しかな??


【23日06:00】
4日間のあいだ、ずっと追いまくられて居るのかぁ……SUN値をがりがり削りますね。
でも、これで地獄の釜シャンタウからは一応出たわけですね。よく振り切れたなぁ。ほぼモートン提督が、というか第4艦隊が楯になったというか……
帝国軍も艦隊の再編の為に時間をとった、ということかな。
考えたら、前日の18:00から開始してるわけだから、ほぼ10時間ぶっ続けの会戦。そりゃ、余裕があるなら補給と休憩を取るわなぁ。
対して、同盟側は必死の逃走。損傷艦にある程度合わせるなら、最大戦速も出せないでしょうし、帝国からしたら、ある程度先行させても問題ないってところか?
まあ、同盟側はスピード重視で乗りかえて艦艇を捨ててるわけですが。
その辺は甘党閣下の予想外の速さだったかな?4日間逃げ続けてるって事は。まあ、追いついてるのが、帝国側もきっと足の速い部隊だけで、全面攻撃を仕掛けられてないって事もあるんでしょうけどね。
………ま、13艦隊を逃してしまった甘党閣下が悔しがってる姿が浮かびます。何の為にこんだけマゴコロこめて準備をしてきたのか、と。
今回の会戦で、できるならば、大勢を決めてしまいたかったでしょうしね。
これ以後はなるべく損害を無くす為に、弱い敵のままで居て欲しかっただろうに。


【23日07:00】
そんなわけで、じわじーわ、と追撃してるわけですが……とりあえず左翼側だけですか。
あれ、残りは再編しつつ追っかけてるのか?他から回り込んでアムリッツァに向かってるのかしら?
甘党閣下の姿が見えないと色々考えてしまいます。
とゆーか、相変わらずミッターさんは速いのね。自ら先鋒を自認してるのはいいけど、後続と開きすぎるのはやばいんじゃないのかな?
そいえば、原作では物資の補給で『20万トン級の補給船が50隻必要~』と書かれていたんですけど、帝国側のほうは10万トンでしたっけ?……細かい地の文を探すのは骨が折れるです。これもアニメとかだと違うのかな?とりあえず、それが標準サイズ設定なのかと思ってましたが。
まあ、それはどうでもいいとして。
ミッターさん策にはまる!ですね。
今までも追撃していて、散々捨てられた艦艇を見ているはずで、それもほぼ弾薬とか食料とか残したままの乗り捨て状態だったと思うのですね。
ま、その辺もしっかり確保してはいるんでしょうが、罠は仕掛けられてなかったでしょうから油断したかなー。
しかも時間的に人員を移すくらいの余裕しかないと思っただろうしねえ。
……むしろ、あの1時間で人員移乗と最大限の補給、それに加えて罠を仕掛けたヤンがパネェ、です。
指呼の間に結集した敵艦隊(でもたったの3万隻……)が居るなら、積極的に攻勢に出ずに後続を待っている間に、先に他の雑事を済ませてしまおうというミッターさんの考えもわかります。
勝ち続けたが故の油断。
あいたァ!な感じですね。こればっかりは甘党閣下がどう引き締めようとしたところで、現場に居ないんじゃしょうがないかな。


【23日08:00】
…………なんて思ってたけど、ロイが戦闘しているミッター艦隊を知って相変わらず早いな」ということは、これまでも後続を待つまでもなく攻撃開始してた????いや、でもヤンは今までも全艦隊で撤退戦をしているといってるし、最後尾だけって事は今までもなかったはず……ううん???今までは罠を仕掛けられていなかったから、ある程度優勢に進められた??ミッターさんだからな。
でも若さゆえって事もあるかもだし、ううん。
この辺はよくわからないですけど。そもそも艦隊戦とか戦術とか、考える頭は無いんだーーーッ。
でもさらに後続のメルカッツ提督たちが来るのは1時間後ですか。
4日間で徐々に戦列が伸びて、艦隊同士が引き離されたって事かな?
これでちょっとメルカッツ提督が引き締めて、まとまりを持った艦隊で動いてくれるのかな。
重鎮としての面目も……あァそっか、甘党閣下の前に行った時、頭を下げるのはメルカッツ提督もか。小官がまとめ切れなかった所為です、とか何とか。この追撃部隊の実質最高責任者はメルカッツな感じですしね。
甘党閣下叱れるかな?
いっそ、オーディンに帰ったら1週間謹慎とかにして、家族孝行させる時間をあげるとかもありですよね!←爺ちゃんっこだから。
ま、シャンタウの戦果を考えればお咎めは無いでしょうけど。ちょっと妄想が(笑)
具体的には頭を下げる爺ちゃん(&艦隊司令官たち)と、笑顔で威圧する甘党閣下がね。
……変わった男だったが、頭を下げるだけのものがここに来て急速に芽生えている。若いときの成長とはすさまじいものだな、とか思ってくれたりしないかな、とね!


とゆーか、金髪くんと甘党閣下がどうしてるのか気になる次回。
ココアくださーい!とか言ってるかな(笑)


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
つくも様。
azuraiiruです。
第百十三話は結構きつかったです。戦闘シーンは書くのが苦手で、それがもろに出ました。おかげで感想にも分かりづらいとのお言葉が。いずれ修正というか、記述を追加しようと思います。

第百十四話アップしました。外伝もアップしました。巡航艦ツェルプスト艦長兼第1巡察部隊司令時代を書いています。
azuraiiru 2010/12/27(Mon)02:59:44 編集
Re:無題
azuraiiru様
いえいえ、戦闘を考えることすら出来ない私には、苦手とおっしゃりつつもしっかり描かれるなんて、尊敬ものなんですけれど。
戦闘中の軍事行動は、人物の感情と違って推し量って読むということが出来ない分、描写は細かくならざるを得ないし大変だろうなあ、と思います。
小学生低学年に説明するつもりくらいで丁度いいのでは無いかな、と思ってしまいました……軍事とかその辺に関しては幼稚園児並の知能な自信のある私がここに居ますし!(笑)
それに冬休みに入って、お暇な学生さんが色々と湧いているようですし……(苦笑)

114話と外伝!ひゃっほい、お待ちしてましたーーーーー!!
来たーーーー!ヴァレンシュタイン艦長!!!(・∀・)
大喜びで、朝方にひっくり返るかと思いました。
ハウプトさんもヤツれつつもしっかりお仕事されてるし、ワーレンさんなんてここで名前が出てくるし。私得で豪華ですー!!
またのちほど愛の叫びを上げさせていただきます。うひうふふふふふ。
【2010/12/28 02:17 つくも】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]