忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帝国はジジイがイイ……うっとり~。
おかしい、昔は同盟好きだったはずなのに、この世界だと俄然帝国を応援したくなる(笑)
私の中のモエレースでは、三馬身ぐらい差をつけられてるぞ!
いつか轡を並べるところにまで猛追してくるのか、このままぶっちぎりなのか、楽しみです。うふふふふふ。




そんなわけで、大満足しつつ新たなモエ分にどうしようかとアワアワな今回。
白狐がちゃんと狐になってるううう!と狂喜乱舞。
いや。ほら原作では、黒狐と対な白狐の名称のクセに、ねぇ?だったので。
対決が最初から見れて嬉しい限りです。うふふ。
読みながら、気分はルビンスキーと同調しましたが。
踏み潰してやるとは思いませんでしたけど(この後腹いせにボルテックくんを踏み潰すルビンスキーはありかな。それは楽しそうだなーと真剣におもうんですが。笑)、こいつこんなヤツだったかー?!と内心叫びを上げたのは一緒。
いやはや、帝国は海千山千のお爺様発生率が高くてステキですv
というかココアマジックは此処にも作用するのか…………恐ろしい子(笑)
このままだと、皇帝誘拐は発生するのかしないのか。
先行きが見えなくてどきどきします。
地球教とかの影響はどうなったかなー、とか。
思えば、甘党閣下も後年思い返して、これが始まりだったと言っているサイオキシン麻薬の一件が、原作からのずれの根幹にあるわけで。
その影響はフェザーンにどの位出ているのかな、と妄想しないでいられる訳がなく。
だって、帝国内にアレだけ浸透していたんだから、当然フェザーンにも、はては同盟にも出回ってたりなんかしなかったんだろうか、とちょっと考えてしまったりしました。
製造、と言うことに関しては……フェザーンならできるだろうしなぁ、とか。
その辺もあわせて、今後の展開が非常に楽しみです。
とりあえず、地球教の人たちには「地球の重力にひかれて、逃れられないんだね!」とかなんとか(笑)違う作品のネタを言いたくなっちゃう。

そして、かなりどーでもよく気になってるのは、黒狐の愛人さんなんですが。
あまり女性関係の話は出てこないので、この辺は描写されるんだろうか……。
女性比率が少ないので、どうにもクセのある女性だけど、出るとちょっと潤いに……ならないか?(笑)
でもまー、黒狐には権力も金も酒も女も手に入れたがる、貪欲なキャラであってほしいですね。他の方が、綺麗な信念のために殉じてしまいそうな気もするので、せめてアクが強く欲望まみれの方が一人くらいいてもイーじゃない、と。
そんな彼が、甘党閣下に翻弄されて苛められるのもモエますとも!(笑)
でも一番のモエは思惑外の出来事に翻弄されて、へたれる甘党閣下のお姿だけどね!

現在イケイケな甘党閣下ですが、さぁて、どのへんでこのしっぺ返しがくるのか。
読者の狂乱する反応すら嬉々としてみていらっしゃるだろう作者様の思惑が楽しみです。
やっぱり作者様はドえs………ぐはっ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
白狐さん、エーリッヒが整えた舞台の上で踊っただけとはいえ、見事に狐を演じきりましたね。

>悪くないな、操り人形になるのも悪くない。これ程上手に操ってくれるのなら。
>まるで自分が別の人間になったようだ。全く、楽しませてくれる。
だなんて、すっかり役者さんになっています。
脚本家・演出家としてのエーリッヒの魅力に陥落したご様子。
彼はこれからも活躍してくれそうな予感がします。

>地球教とかの影響はどうなったかなー、とか。
地球教とサイオキシン麻薬は密接に結びついていたようですから、あの事件の影響はかなり大きかったのでは~?
実際のところどういう影響を受けたのか、いつかその辺も描写されるのではないかと、わたしも期待してたりします。

追記:本日更新された98話、ますます萌えれます!
KAIRI 2010/12/04(Sat)19:47:06 編集
Re:
どんな上手い演出と脚本でも、役者が大根じゃいけませんものね。
白狐さんはそういう意味で、ホントはちゃんと見事な狐さんだった、という人物像に萌えますね!(笑)
これからもフェザーンであれこれ演じて黒狐を引っ掻き回してくれそうで、私もうきうき期待しています。

宗教とクスリなんて、どちらも心を狂わせる、と言う意味では似たようなもの?いや、既存の宗教に文句を言うわけではありませんけど。
というか、地球教は実質が政治結社というか?なんと言えばいいんでしょうね、あれは。この世界では地球教とサイオキシン麻薬がどの程度の結びつきだったのか……その辺を考察しだすととんでもなく長くなりそうな予感がするのであえて割愛で(笑)きっとそのうち描写されるはず。
それまでは先読みなんてしないもん!ということで。
でも、地球教の暗殺リストの上位に甘党閣下は入ってそうですよね!

98話!ジジイ祭りに萌えすぎてどうしましょう!ですよ(笑)
【2010/12/05 01:29 つくも】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]