忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだか一気に義眼君の出番が増量ですねー。ようやく暗躍してたのが表に出るのかな?
表に出るといえば、双璧の外伝に続き、義眼君外伝も舞台化されるそうで……どんな話なんだか戦々恐々です。
まぁ「失礼、義眼の調子が……(目からビームッ!!Σσ(◎_・))」なステキ演出を見れると思うと、これも腹筋を鍛えて舞台に臨まねばなりません(笑)
とりあえず、月末には双璧を見てきますけれどもね!
アンスバッハも出てくれるし!(喜)
休みなしのノンストップでも、きっと遊びのためには体力はもってくれる!……ハズ?



うっかり本編とは関係のないことですいません。
さて、フェザーン方面軍の落ち着きっぷり……すばらしい。
そしてロキ級の大人気がなかなかに笑える状況ですね。
しかも2番艦がクレメンツ提督ですと?!しかも旗艦名まで此処で判るとは(嬉々)ロキの謎の正妻シギュンですか、ふふふふふふふ。
や、シュムーデさんの旗艦もアングルボザだけども。ロルバッハから乗換えたのね~。
こういう艦名って誰がつける物なのでしょう?設計した技術者?製造会社?
甘党閣下はぼやいてたから、自分じゃない、よねぇ……それとも、希望すればある程度は通るのかな?
クレメンツ教官が敢えて付けたのだとしたら、たとえ大神に逆らおうともロキの隣に在る、という宣言にも思えますってば。それなんて忠誠フラグw
もし、この先甘党閣下が帝国側で危険視されて囚われて、何て状況になったらクレメンツ教官が「悪いのはオーディンです。我らの犠牲になった子供……じゃなかった、部下の為に復讐するのですよ……」なんて囁く場面を想像しちゃいました(笑)そして一緒に同盟亡命ルートですね。
ロキ級ですら人気なんだから、ひょっとして甘党閣下の艦橋の様に、参謀達も座るタイプのものになってるのかしら?「立ったままだと被弾してすっ飛ばされて大怪我、なんて事になりかねません」とか甘党閣下が屁理屈こねてたら、納得した指揮官達がマネッこしてても可笑しくないよーな。なにしろ心酔してる人が多そうですし。……背の高い野郎どもに見下ろされたくないだけなどと誰も思わないに違いない。多分。

……艦名だけで、私ってば何を語ってるんでしょう……orz

気を取り直して。
こちらの司令官達は仲がいいですよね……下の三人はイゼルローンの頃から既に仲がよかったから、ひょっとして士官学校の同期とかそういう間柄なんでしょうか。
”総司令官閣下”という言葉をからかいに使えるって事は相当プライベートでも親しいって感じがします。
まぁ第五十七会議室組が幅を利かせる正規艦隊とちがって、独立艦隊としてカストロプの頃から悪魔神ロキ(笑)のトリッキーなところを担う艦隊の司令官達でもありますし、実は一癖どころか何癖もある人たちなのかな~と思うと妄想が……したいけど、すッごくしたいんですけど!!あまりにも情報が少なすぎますぅ~~!(涙)
ひょっとして、士官学校時代に甘党閣下にちょっかい出した過去が在ったりなかったりとか、それ以来フェルナー達とも意気投合して一緒に悪戯したり、学校祭(なんてのが在るかどうかは知らないけど)を盛り上げたりとかする先輩だったりしたら、超楽しいですよ。後世の歴史家たちにこの独立艦隊が「甘党閣下の海賊」とか呼ばれたりしたら大喜びです。
おお、この場合は第七天国じゃなくて緑林寮になるわけですね……ってそのへんは少女マンガとか知らなきゃわからないネタです、ごめんなさい。ぐぐって下さい。

さて、いい加減逃避せずに本筋の感想を。
でも難しいんだよなー……頭の良い人たちはほんと難しい。アッチの感想版で皆さんが散々感想とか解説を書いてるから、もうそれで良い様な気もしますが、一応ちょろっとは触れておきましょうか……でもええと、ばっかでーと御笑納頂けると幸いです。
公的には甘党閣下の海賊達は訓練演習の為に出ているわけで、反乱鎮圧の計画では何にも任務を割り振られていない、いわばフリーの戦力。しかも情報が少ない中で混乱しているはず……なんて思ったのでしょうか義眼君。
そして正規艦隊に任じられていない彼らが、重用されていないようにも見え、甘党閣下への恨みや隔意を抱いていてもおかしくない、と分析でもしていたとか?
正規艦隊の司令官たちが不安でそわそわしている姿とか、あの衝撃の宣言を聞いた後の状態を見た上で、主導権を握れると思ったのならば……正規艦隊の司令官たちがちょっと情けないぞー(笑)
あの義眼君に平然と対しているシュムーデ提督はかっこいいですね。
「死んだ振り」がありえる、と思う上官って……一体どんな風に甘党閣下を思ってるのやら。きっとこの会話を聞いていたら「ちょっとお話しましょうか?」って甘党閣下が良い笑顔で応接室に誘ってくれると思うなーw
でもここで義眼君に極秘任務の存在は知られてしまったわけですが、果たして何処まで読んでくるのか気になるところです。読んだところで、彼の手が届くのかも謎ですが。
そもそもこの暗殺に関して何処まで知っていたのか、誘導したのかも判りませんけれども。
……その前に金髪くんは会議室に呼び出されてしまうわけですけどね。
金髪くんは今回の事に本気で関わってはいなさそうですが、それが吉と出るか凶と出るか。義眼君の先走りというものはありえそうですし。第一、今の金髪くんは汚い手段を是として認める事は無いだろうし。
そう考えると、甘党閣下からも義眼君からもハブにされてるわけですか?うっわ、すッごい可哀相……ナチュラルに苛められっこな立場ですな。
そう思うと、金髪くんは本気で甘党閣下が居ない今、単純に危険だと思って艦隊をまとめる必要があると思っているのかもしれないですが。
第一、姉の為にもね?帝都での暗殺(未遂?)やら貴族たちの反乱やらで、姉の安全も危ういと思ってそうですものねw
ヒルダが未だ客観的に眺めているし、というか金髪くんにしてみれば、甘党閣下から押付けられたお目付け役程度の認識だと、ろくに意見を聞くこともなさそうです。
……となると、政治的な動きの意味を知る手段が金髪くんには現状ほとんどないんですねぇ。ダンボールの中に引きこ~もりっきり~、ですし(笑)男爵夫人も今は距離を置いているし。耳も手も塞がれた状態で、まるで甘党閣下に敵対する人たちへの生贄のようです。ちょっと豪華ですけどねー。
うーん、やればできる子なのに、この現状に甘んじている金髪くんは本当に対人スキルを磨かねばならんよーな気が。
子供で純粋だからこそ、頂点へ立つ夢とか野心とかを持ち続けられたんだろうけれど、さてはてどーなる?

第五十七会議室で何が起こるのか……ドキドキしてます。うふふふふ。
具体的には、無傷の甘党閣下がマントバサァッ!と颯爽と登場!!とかね!(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
確かにラインハルトがちょっと気の毒…
こちらでは爺様’Sが相変わらず良い味です。ブランの爺ちゃんもすっかり大貴族の貫禄と悲哀ですな。それこそ華やかに美しく散っていきそうです。
まあ、あちらの感想が定期的に荒れるのはもう仕方がないと思ってますが、azuraiiru様のモチベーションが下がらないか、というのが心配なだけでそれ以外はどうでも良いことだし。まあ、あまり腐感想は書かないようにきをつけなくては、というところでしょうか。
緑林寮懐かしいです。悪魔で寂しがりやの生徒会長は誰なのか。あの頃のエーリッヒは大きめの猫を背中にしょってたかと思うし。まあ、同期にはそれとなく知られてそうな気もしますが。
シュムーデ達に声かけたのは、やはり冷遇とまではいかなくてもは主力からは外されて訓練行きではぶられてるように見えるからかなぁと。それに、日頃の人付き合いの悪さから、他の司令官達からさり気なく面会を断られたと見た。下手に会って協力の言質をとられたくないから、情報を集めてますとか何とか言ってロイやミッターもすぐにラインハルトの所に駆けつけるような真似してないんじゃないかと思う。だから、焦ったんだろうなぁと。副司令長官と言っても、中身が伴ってないんだよね。だって、誰もラインハルトを頼らないんだから。不測の事態が起きて、混乱してようが彼の指示を必要としない。
まして、メルカッツ提督が副司令長官就任するは、一時的でも本隊あずけられるは、周囲はそれを認めて祝福するしだもんな。どれだけエーリッヒの信頼と周囲の人望ないんだ、と思われるよな。でも、これでメルカッツ艦隊の面子は喜んだだろう。なんせ、あのエーリッヒに『請われて』副司令長官就任だ。それこそ今までがおかしかったのだとか言いそうです。いえね。絶対ラインハルトの上から目線腹立ってたと思うから。
しかし、これでメルカッツ提督こき使われルート確定というか、絶対後任を押しつける気だと思われる今回の布石。
そして、一応かろうじてパイプ役のロイやミッターも信頼出来ずに遠ざけたら、文字通りラインハルトは裸の王様のごとく孤立するんだが、解ってるのかなぁ。私の中では、ロイだけでなく、ミッターもヴァレン寄りだと思ってるんですがね。あと、出来ればロイの「マイン・カイザー」は聞きたい。その相手が黒髪の魔王様ならなお嬉しい。というか、言わせたいですよねぇ、腐的な意味で(笑)
内輪遊びですよ、あくまでも。
aya 2011/06/07(Tue)03:52:48 編集
Re:
爺様ズが熱いのはウチだけに限ったことではない!……筈なんですが(笑)
皆さん、迸るパトスを内に秘めすぎなのがいけません。
感想版で熱く語ってくれれば良いものを。
そうすれば妙に横レスに構うことなく、作者様のモチベーションもあげあげな超感想をかけると思うのですけど。ayaさま始め、鋭い考察をされるあちらの住人の方々に超期待。
だって、此処はあげあげではなく、脱力するしかないアホ感想しかかけませんもの。なんたって腐ですしね!(笑)

緑林寮なんて今の若い子には分からないだろーな、と思ったのですが(笑)
生徒会長はともかく、なんとなくスカちゃんとキスリングのイメージがかぶります。苦労してたんだろうなぁ・・・なんて(笑)

義眼君の動きにはまだまだ理解が及ばないというか、コチラの考察が追いつかなくて戸惑ってたりもします。
意図がわからなさ過ぎるってのも、ほんと不気味ですね。
担ぎ上げられている金髪クンがあんまりにもかわいそうな涙目展開です。
何とかなるのかならないのか……もうこのへんは作者様の筆の赴くままの展開を伏し拝んで待つしかない心境です。南無~。

メルカッツ提督は自身よりも、艦隊の周りの人間達が大喜びしてそうですよね。ようやく!我らの提督に正当な評価が!!みたいな。
でもメルカッツ提督がこき使われるという事は、副官その他もろもろもこき使われるという事で……ご愁傷様(笑)

私もロイの「マイン・カイザー」はすっごく聴きたいです。
でも今の段階でそれを言っちゃあ甘党閣下のほうが簒奪を狙っているのだと難癖を付けられそうなので……是非人目のないところで、内輪遊びとして(笑)あ、腐的な意味デスw
【2011/06/08 02:21 つくも】
166話
おはようございます。

…………相変わらず横道に入り過ぎな感想だなぁ。何回『閑話休題』を入れることになるんだろ、これ? 内容が面白いから、これはこれでいいんですけど(笑)

……『甘党閣下の海賊達』ときたか! もーちょっといい呼称はないものか(笑)
ちなみに、私は彼らを『一般提督四人衆』と呼んでいます。正規18個艦隊の提督ではないとはいえ、それなりの実績と艦隊規模を持っている提督さん達なので、ね(笑)

でも、その弊害?か、他の人達からすると、微妙に不遇&距離を置かれてる様に見えるのかな。だから義眼さんが声を掛けた、と。
まぁ、一般提督四人衆のフェザーン方面での任務は極秘なので、権力奪取うんぬんではなく単純に訓練中の艦隊を招集しようとした、と暖かい目で見てあげてもいいような気もしますが(笑)

しかしこれ、義眼じゃなくて金髪副司令長官が通信してたらどうなったんだろ? 同じように断られ極秘任務である事を教えられて初めて知り『ハブられてる!?&自分はココア閣下に信用されてない?』とか思うんだろうか?(笑) ……この場合、ヒルダさんから遠回しに忠言されるよりも、自分の立場やココア閣下が自分をどう見ているか等を明確に自覚するだろうというメリットがあるにはありますがねぇ(笑)


向こうの感想版が荒れるのは、まぁ仕方かないですねぇ、もう。
他人視点から見たココア閣下は、完璧超人という描き方(見方)になっているからだよなぁ……と思っていたら、感想版で同じことを書いてる読者さんが!
『あの態度は戦死か左遷もので、寵姫の弟ゆえに目溢しされている自覚がなさすぎます。』
『主人公視点よりも主人公に他キャラクター(特に主人公に心酔してる)の視点が多いために読者からは主人公が些か完璧に見えてしまってます。』
『ラインハルト達に少し他の登場人物達が批判的過ぎるのでは無いかと思います。そうした部分が劣化しているといわれるのではないでしょうか。今回のシュムーデ提督への連絡も名目上は彼らが訓練に出ているわけですから、呼び戻して反乱に備えて戦力として運用しようとしているという見方もでき~~~』
『本来であればエーレンベルク元帥との通信では『主人公の安否の確認』、『主人公に何かあった場合に作戦に変更はあるのか』の点だけで良かったのに~~~。特にメルカッツ提督が本体の指揮を取るという点に~~~宇宙艦隊司令長官の座がメルカッツに行く事を危惧したように見えました。』
と。
いや、さすがあちらの読者さんは考察が鋭いわ…………私なんかとは雲泥の差。


……個人的に思っていること。
メルカッチュさんの司令長官就任の場合の問題点と心配な点は『あの人は政治的行動や思考が出来ない&しない、政治的な事に巻き込むと不幸になるだろう』という事だと、ミュッケンベルガー元帥もココア閣下も思っているので、そこは政治的なことが出来るミケスラーさん(彼って、『提督』って付けてもよい立場でしたっけ? 闇の左手の仕事面からの描写が多くて……)を宇宙艦隊の総参謀長に付けてフォロー役&政治的な事は一任してしまえば良い気もしますが。ココア閣下も軍事的面からならメックリンガー、政治的な面からならケスラーを総参謀長に、と言っていますし。


あ、…………またいつの間にか、長い文になってもーた。毎度毎度すみません。

では。
ゆゆゆ 2011/06/07(Tue)08:42:03 編集
Re:166話
こんばんは、です。
横道に入りまくりな『妄想』だからこそ此処で書いているんですよ(笑)
そもそも真っ当な感想ならアチラで書いても叩かれはしませんからね……多分。
ま、基本は読んでくれた方にちょっぴり笑っていただければらっきー、という主旨の感想ブログですから。
アチラの感想版は本編が燃える展開になると、妙に皆さん熱くなるのはしょうがないのですけども。
うっかりすると読んでるこちらにも地味にダメージが……「読解力のない感想はイラつく」とか、銃撃戦に巻き込まれて流れ弾で「アーーーッ!」しちゃうモブ兵士の心境といいますか。
あちらは鋭すぎる面々が揃っているので、コチラでは極力アホーな感想で逝かせていただきます。……頑張らなくてもアホ丸出しですけどね!

海賊もどーかとは確かに思うのですが、一般提督もどーかと思います(笑)
優秀なのに!
うぃき先生によると、史実独逸軍人のルックナーは皇帝陛下の海賊たちと呼ばれたらしいので、ちょっぴり書いてみただけなんですけどね。誰か良い呼称をつけてくれないものですかね……。

メルカッツ提督が本当に司令長官になるのは何時なのかにもよりますが、周りの協力と支援がいっぱいあると思うのですよ。少なくともあの綺羅星の如くな艦隊司令官達はアレコレと手を貸すでしょうし。
……そして、そのときは甘党閣下が何をしてるのかも重要なファクターですよね。メルカッツ提督の幸福な人生が(多少苦労続きとは言え)見れます様に!
娘さんの結婚式で号泣する姿とか、見たいですよね!
【2011/06/08 02:24 つくも】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]