忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うふふふふふふふふふふふふ腐。
2と書いてありますが、一話以降の数話分まとめての外伝・甘党艦長編への感想で失礼いたします。




いろいろと見所はあったのですが……ですが、そんなもんは全部吹っ飛っとばして、動物図鑑をお父様にねだる甘党閣下のビジョンが離れなくって困るんですが、どうしましょうか!はあはあ。ショタ属性はないはずだったのにw

「父さん、お願いがあるんだけど……」
「ん? なんだい?」
「あのね。寝てるときに読む本が欲しいんだ。できれば、いっぱい絵が載ってて、いろんな世界のことがわかるよーなの……ダメ?」
「ダメじゃない、ダメじゃないぞーっ! 明日にでも、いや今からでも買ってくる!!」
「え?!ちょ、もうおそい時間だしお店やってないよ!」
「叩き起こすとも!なんたって、可愛い息子の頼みだぐぁぶっほぉぅ☆」
「あ・な・た? 何人様に迷惑かけるって宣言しているのかしら? エーリッヒ、こんな大人になっちゃだめよ?」
「母さん……拳に血が付いてるよ……?」

なーんて一幕と共に、3歳児程度の甘党閣下にねだられたりとかね。実際、子供用の図鑑は面白いですよね。絵がいっぱいで解りやすいから資料としてもいまだに重宝したりしますし。
転生者としては、やっぱ好きだった物語の語られなかった世界のことは知りたいでしょう。宇宙に進出したからこその植生や動物なんて、一層わくわくしますもんね!
きっと佐伯くんもどきどきしながら読んだに違いない。
何十巻の図鑑セットが翌日には届いて、ついでに映像媒体のあれこれも買ってくるに違いない親バカっぷりも考えられますが。
だって母親似のちょーぷりてぃーで、でも病弱で、そのせいで大人しく(と思っている)、飛びぬけて賢い御幼少のエーリッヒにおとーさまはめろめろの親バカだと思うのですよ。
……だって、甘党閣下もご両親の事が大好きですものね!
『親子だから』愛情を持って当然、などとは思わないですし。
まーいろいろ突き抜けて、甘党閣下を父母二人で愛しまくって、しかもしっかり二人もイチャラブしてればいいのです。うん。
たぶん甘党閣下に女装させたり、ちょっと困ったチャンだったりするんでしょうけどね……w

まあそれはともかく。
これはワーレンくんの超受難物語、なのかも。
甘党閣下はけっこう楽しそうですもん。出世をするなは大歓迎。しかも現場ではトップだから、面倒くさいお偉方と顔を合わせる事もなく、愛している書類もそこそこ湧き出てくる。
兵站を志すものとして、送る側はもちろんですが、受け取った方の処理とか実際とか色々判って勉強になるなーとかもほえほえ考えてそうです。
そして夢色ばら色未来を妄想している甘党閣下はとっても可愛いですが……そういうこと考えると、フラグが立つんだwというか、どっかから毒電波を受信して妙な夢を見るんですね。
腐にとっては美味しい夢でございましたが。
そーですよねぇ、もし素直に金髪くんと共闘・赤毛君生存ルートだったら、ロイと一緒に新領土にいくのも可笑しくは無いですし。
新帝国でもきっと本人が思う以上に周りに頼りにされてたりして、その分義眼君に危険視されてロイと一緒に濡れ衣ルート突入なんだな!
そして「一緒に死んでくれ」とかなんてヤンデレ!!!(爆笑)
こんな悪夢で寝込む……というか、不貞寝なんですね。
この後本編での時間軸でも悪夢はあったのかな、何て。
ヴァレリーも「虚弱なのか月に一度は休む」みたいな事を言ってましたよね。
あれはひょっとしてマトモに体調が悪いだけじゃなく、ほんとは似たような悪夢を見てた時もあったんじゃあ?……どんな内容だったんだろう。うふふふ。
こんなのを何度も夢に見て、ロイには絶対に近づかない、とか密かに誓いを新たにしてたかもですが、思いっきり無理でしたしね!(爆笑)
こういうのを拝見すると、実は作者様ってばロイのこと大好きでいらっしゃるんだろうな、としみじみ思います。
上司として最悪だとか、女の趣味も最悪だとか、多分部下としても厄介だとか甘党閣下としては思ってるわけですが。
…………異伝を拝読するに、作者様的に弄くりやすくて大好き、とかかもしれませんけど。だって作者様はドェ…………ごほん。


ええと、それはともかく。
甘党閣下が将来睨まれない様に頑張ってるのは、確かにワーレンの好感度アップに良かったけれども、微妙にすれ違ってるよーな? でもまあ、お互いに苦にならない関係が結べているのでいいのか。結果おーらいで。
―――最初は、ですが(笑)
ロイが居たんだから、士官学校でワーレンとすれ違う事だってあったかもしれないんでしたね、そういえば。
ワーレンのほうは図書室の美少女な甘党閣下の印象があるわけですし、ごく普通の軍人の体格を持つ野郎どもに囲まれて、しかも常に柔和な笑みなんか浮かべてる姿見てたら……そりゃあ何と言うか、色々と夢を抱くんじゃないかと。
何事もなかった2ヶ月間はそれで良かったんでしょうが。
ヤラレ役の船長を笑顔で脅すとか、目の前でわざとワーレンに内緒話をして恐怖を煽ったりとか、船長1人が死ねば誰も問題は無くなると孤立させたりとか、コレでもかと繰り出されるすさまじい追い詰めのテクニックにワーレンは自身の不明を呪ったに違いない。
この可愛くて小柄な上官は真面目でちょっと優秀な上層部の「お気に入り」なんじゃない、実力でその場所を勝ち取った悪辣で冷徹な魔女……じゃなかった、悪魔なんだと(笑)
ワーレンさんは好漢ですからね。政治的な配慮とかはわかっていても、性格的に積極的に使うことはせず実直に真面目に勤めていたんじゃなかろうかと。きっと有能すぎるほど有能なのに、小僧のお守りを押し付けられる程度には適度に嫌がられてるあたり、下には人気が有っても上には不人気を地で行ってるのかしら。
どちらにしても甘党閣下を見縊ったら只ではすまない、その凄みを初めて目の当たりにした未来の艦隊司令官というわけですね。時間的に言うと。
ケスラーもサイオキシンの件では結構甘党閣下とつるんでましたが、あの時点では未だ左手なケスラーのほうが主導権を握っていたし、甘党閣下の片鱗を見たのはミュッケン爺ちゃん達との交渉くらいになるのかな。
こう考えると、ワーレンは貴重な黒糖閣下のお初を見たわけですねw
この後、昇進して別れるまでどんな気分だったのか、想像すると笑いがこみ上げてくるというか、二年後に五十七会議室に呼ばれたときの気分はいかばかりか。
でもその間に少佐から少将までこの人も昇進してるんですよね。中佐になるのが間近だったとは言え、結構早くね?と思うのは間違いでしょうか。普通はそんなものですっけ? 甘党閣下たちの昇進が早すぎるので、普通がよくわからなくなってきました……。
運が向いてきたといえばいいのか、それとも猛犬な甘党閣下の知己に対して、下手な扱いは出来ないと周りが正当に評価した結果か。
そう考えると、いろいろな意味で結構重要な外伝ですよね。
内務省からの恨みもよりいっそう深くなっている、という辺りが特に(笑)
内務尚書ってサイオキシン事件から皇帝の勅令発布までずっと変わってないのかなぁ? うん、恨み骨髄ですね。


そして、ついでにどーでも良い疑問を。
あの毛皮って、基本的に皇帝から下賜されるもの、だとすれば、自力で手に入れることが困難な代物って事ですよね。
所持しているのであれば、御禁制になる前に手に入れたか、恐らく公に記録が残っているもののはず。
…………下賜された品をほかの貴族に売るということがありうるのか、というのもちょっぴり考えてしまうシチュエーションなのですよね。体面としてどうなんだろう。
そうすると、持っていることを自慢できない品物を賄賂として渡されても……何処で使うんだ? と庶民な私はすっごく悩みます。
同盟なら希少価値からとっても有効だろうと思うんですけどね。
帝国側だと好事家なら持ってるだけで満足するとかかもしれないですけども。使えない毛皮って箪笥の肥やし以上のなんなんだろう……其処でもったいないと思ったら、そもそも貴族じゃないか(笑)
いや、あの毛皮の光っちゃう特性からすると、夜のベッドの中とか変態的に有意義に使えるかもしれないけども? 何て事を考える私のほうが変態ですね、すいません自覚してますw
ちょっと脳内で此処には記すことをはばかられるアレコレが巡り巡ったのは事実ですから。妄想が腐りすぎてた……。
えーと、そんなわけで、本来は宮内省の役人の小遣い稼ぎで流出して、フェザーンから同盟に流れてるルートだったのかな?
将来的に帝国の同盟占領後、同盟政府高官の自宅からわっさわっさとトラウンシュタイン産のバッファローの毛皮が出て来たら大笑いですね。
どこかの困ったチャンな変態が有効活用してくれるかも?
甘党閣下がにっこり笑ってフェザーン商人をチクチクやってくれそうです。


そして、こんなステキで楽しい話の締めが爺コンビだったことで大喜び。
ミュッケン爺ちゃんとエーレン爺ちゃんが仲良くてw
甘党閣下の飼い主役を押し付けあう辺りとかが特に。
ほんと美味しいお話でした。満腹満足満足♪

……でも次の外伝も楽しみにしてウズウズ待ってたりする辺りは読み手の我侭です。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]