忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今度はランクの落ちたヒミツキチ(笑)
てか、会合してる人たちが遥かに格オチ…………



この酔った様な逝っちゃってる人ってひょっとしてひょっとしなくても伯……いやいやまあ、それは単純すぎるか?今回はシューマッハがいないのにマトモに作戦行動が取れるか謎ですしねえ。
甘党閣下が頻繁に御婦人方に呼び寄せられるってのは、説得しているというパフォーマンスですか。うわああ。
でもアッチも判らん、こっちも判らん、は読者としても同じ気持ちですけどね!
君達浅はかな貴族の気持ちはよくよく判るよー、と同情することしきりです。
あの妖怪会談を出し抜けるなんて、無理無理無理無理!って思いっきり首振っちゃいますもん。
でもまあ、ブラウンじーちゃん逃ーげーてーッ!全力で逃亡してええええ!
「散々利用した我らを裏切るのか」ってじゃあアンタ達はブラウン爺ちゃん達を利用しなかったとでも言う気か、ってな感じですね。
でもこのぐるぐるした会議が回りまわって踊りまくってる感じ。混乱ッぷりとか追い詰められっぷりがよくわかります。
さーて、こっちはどんな策を仕掛けるのか、どこかのフェザーン商人な坊ちゃんは伯父上を助けられるのか、気になるところですね、ウフ腐腐腐。


さて、フェザーン方面への行動開始ですね。
こうアッチこっちに軍隊を振り分けられることができるってのは、帝国軍ってやはりでかいデスヨねえ。同盟が兵員不足でひいひい言ってるだけに、同盟が今までもってる事の方がすごく不思議になるほどです。
だからこその、回廊なんでしょうけどね。
とはいえ、コレだけ危険視されてるって周りにもバレバレな金髪くんに代わり得る才能がないって言うのはどーなんでしょうね。戦闘の才能なんて、まあ普通はなかなか判らないものですけども。
しかし、自分の身が甘党閣下と一蓮托生だと未だに気が付いていないのかしら。
男爵夫人はほんッとーに何にも欠片も忠告してないんですね。
赤毛君辺りは何か聞き出そうと接触するかと思いましたが……避けたか?

そして、やっぱり何処か暢気な甘党閣下に癒されますね。
相変わらず自分の価値は何処か計算しきれてないのが、周りがやきもきする原因だと気が付いてないあたり。
さらりと死んだらどうのこうのなんて、部下としてはたまったもんじゃないよね。
でも資料探しから副官には手伝わせないって、何処まで重要なことを調べるのか、と勘ぐられちゃいますよー。いや、地球教関連って大事ですけど、今この時点で気にしてるのは甘党閣下ぐらいなもんですしね。
よもやそれが、探すことから楽しい、なんて理由とはきっと思わないに違いない!(笑)
概ね、甘党閣下のそれには同意しますけど。
目当ての資料や文献を探すハンターって楽しいです。その過程で思いがけない面白い資料にぶち当たるとそれがまた倍率ドンで。
そしてさらに現地に行って実物を見たり空気を感じたりすると、資料という文字に色と匂いが蘇る気分になりますね。
ただ、此処の資料室で何処まで楽しめるかといわれたら、私は困るけどw
副官二人も、適当に気に入った資料って……と困惑したに違いない(笑)
せいぜい甘党閣下の艦長時代の報告書とか?
読者としては非常にウキウキした外伝ですが、報告書として無味乾燥な書き方をされたアレはどんな風になっているのでしょうね。ふふふふふ。
今度実際にワーレン提督に聞いてみよう、という内緒話が副官の間で交わされているのかも。
いろんな意味で、トラウマになりそうなあの事件を話してくれるかは謎ですけどね!(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]