忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

…………リューネさんと同棲?!←ゑ



うっかりそんなところでまずは引っかかった辺りが腐女子の腐女子たる所以ですが。
一つ屋根の下、というか同じ建物の中に居るだけで、フロアは別よねきっと。
そもそも部屋も違うだろって話ですが、それでも止まらないのが腐女子というもの。てへ☆
で、すっかりきっぱりリューネさんは個人的な護衛を自任しているわけですね。
てことは、ヴァレリーとのデートもしばらくはお預けって事でしょうか。
司令部の食堂でお食事って言ってもかけらも色気は無いよね。

などと思いっきりボケた感想から始めてますが、話はいきなりの緊迫感でドキドキモノです。
そーきたかーーーッ!というこの嬉しい裏切りがたまりません。
ちっちゃなお子様1人と違って、少女二人を誘拐というのは相当手間がかかると思うのですが。抵抗されても手間ですし、意識を奪ってもかなりな大荷物ですしね。果たして今回の誘拐には何人が参加したんでしょう。
意識を奪ってから、だとしたら近衛だけじゃなくて女官辺りも一枚噛んでるのかも、とか。
ラムスドルフも決して手を抜いてはいないでしょうが、まさかとか今まで一緒に働いていた相手を疑うのは難しいですものね。
ほんと伏魔殿ですね。誰を信じてよいやら欠片もわからない。
それだけ、貴族たちの根は深いということなのでしょうけれども。
コレで、上手く内乱を起こしたとして。
貴族側としては少女二人のうち、どちらを次の皇帝に据えるつもりなのか。もしくは1人いればいいんだと皇女達を脅す為に使うか。うううん?
殺されなくとも、それ以上に利用されつくすとか、女にとっては辛いこととかありますけどね。
てーか、まずは誰が夫になるかで揉めそうですよね。
ラインハルトを抱き込む為に、結婚の取引をするとかはありえそうで。
もしくはお貴族様たちの誰か、とか。
二人とも妙齢だし、子供は既に産める体だろうし、さっさと既成事実を作って発表してしまうというえげつない手も使えなくは無い。
その際にはもちろん、ブラウンシュバイク・リッテンハイム両家は夫が継ぐことになるんでしょうから、じーちゃん達の生命は保証されないし。ま、そんなのが認められるかはさておいて。
もちろん「奸臣から助け出した実行犯の俺が」とか「計画を立てた俺が」とか言い争いになりそうですが。何時でも何処でも内部分裂の危機にある貴族側ってどんだけ不憫なんだ……w
てか、ヘボ詩人までまさか有能に変貌してるわけじゃないよなよな?
今度は裏から色々囁いているのは義眼君??


皇帝陛下が「生きよ」と勅命を下されたことが嬉しくもあり、ラムスドルフにとっては何にも勝る罰だろうなと思ったり。
うん、さすが覚醒皇帝陛下。
でもせっかく家族という形を取り戻したかもしれない矢先にコレじゃあまた心臓に負担が掛かりますね……。
ミュッケン爺ちゃんにもいらぬちょっかいを出してなきゃいいですけど。
甘党閣下の身柄はね、リューネさんがいるから今回はちょっと安心してみてられますが。
というか、こんだけ初動から関わって、さらに何か重要なことを伝えようって言うの?!リューネスキーとしては悶えるしかない展開ですが!
モエモエしてイラン妄想を書き出さずにはいられなくなるじゃないですか。

あああああああ、次回が待ち遠しくてたまらないいいいいいいいいいい。
その前に異伝やらが来て腹筋が壊れそうですけども。如何してくれよう!(爆笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]