忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

基本女の子は大好きだけど、色々小技を使うお歳を召したお姉さまは微妙に好みからずれるんだ……(笑)
あ、ふっじこちゃーん♪は永遠の憧れですけどね!



そんなわけで、強かな女性代表な感じの男爵夫人ですけども。
今までほぼ金髪くんからの一方的な情報ばかりを耳にしていた分、軍内部の動向は寝耳に水的な部分も多かったんでしょうか。
あるいは、少し溝があるとは言え甘党閣下と金髪クンの中は修復できる、私がしてみせる、的な甘い考えもあったのかと。
ま、それが無理だとわかっただけでもいい収穫だったでしょうが、その分覚悟と選択を迫られましたね。
そして、意外とメックリンガーとの関係もドライなんだなぁ。ホントにパトロンと芸術家の関係な訳ですね。……もうちょっと大人な関係を期待していたりもしたんですが。いや、大人だからこそ、なのか(笑)
ヒルダが甘党閣下の元から金髪クンの下へと異動する事を知ったとき、政治的にはともかく、ヒルダの内心のことを思うとお節介のひとつも焼きたくなる人だと思ったんですけども。
ほら、甘党閣下との水入らずの晩餐を画策したりとか……向かうであろう辺境区域についての情報のすり合わせとか何とか、やろうと思えば幾らでも口実は付けられるしねw
金髪くんによろめく前に、甘党閣下への気持ちを確実にしてしまおう、とか。
多分、男爵夫人は素の金髪くんを知ってる数少ない人でもあるでしょうしね。
軍人とかでなく、姉の前にいる1人の少年としては、金髪クンも普通にかわいい魅力的な男の子なのだと思うのですよ。
そういう姿を見れば、意外と母性本能のつよいヒルダがよろめく可能性はある、と踏んでたり?でもこの世界の金髪くんによろめく=破滅に近づく、でしょうし……そもそもヒルダってマトモな恋愛してるのかどうなのか。
何だか、本人がしっかりしすぎている分、駄目男に引っかかりやすそうですw
まあ、この世界の場合、金髪くん側に受け入れる隙間があるのか非常に謎ですけどもね。
赤毛くんと交換ってのも、何だか壁を作りやすくする一因になりそうな……。
死亡したわけじゃないから、あいつ以外の副官など余は要らぬ!的な。あいつが帰ってくる場所を護りたいだけだ、何て言い出したらまた給湯室腐女子がうけけけけけと話題にしますぜ。
そもそも、女性でなくとも金髪くんが素直に意見を容れるのは赤毛君だからであって。その他は男も女も等しく『無能』のヒト括りで終わりそうですよね。
ヒルダはヒルダで、甘党閣下の信頼に応えるべく、頑張っちゃうとすると、金髪クン的にうざさ倍増?
ううう~~~ん、暴走フラグが見えるぜ。


そんでもって、なんとなくジミーズと括ってしまいたくなるお三人。
いや、今までも何だかんだと重要なことしてるんですけど。なんとなく、こう、イメージ的に綺羅星な正規艦隊司令官達と比べると、どうにもぺんぺん草のごとく野に咲く花だっていいじゃない!的な?(笑)
安定と堅実、と言う意味では非常に甘党閣下好みの配下らしいですよね。
あくまで今回は脅しだけど、作戦名は「侵攻」ですか。
……来るべき本番の予行演習なのですかね。それとも、書類の最後の方にはその後の侵攻作戦まで載ってるのどーなの????
そのときにはこの三人も先陣を切って出るのかなぁ?
不満が解消されるといいですけどね!……しかし女っ気のない戦艦の中では欲求不満がたまりそうですがねw
だから可愛いとか言われちゃうんだ…………某黒いのとヘンタイさんは一匹見つけたら三十匹は居ると思え、と言いますしNE☆ミ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]