忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

……いまさら私がアホーな感想を書かなくても良いんじゃないかな?と思うことがあったりするのですが(普通にあっちの感想版が真面目に熱いですからねぇ……)、その度にまたもモエを迸らせる回が来たりするので「作者様のドエスめ!どうしてくれよう~~~書かずにはいられないじゃないかあああ!」とじたばたする羽目になるのですよね。
外気温より熱くモエル展開はどんと来いなんだぜ!………脳味噌とろけちゃうけどな~w



ミッタさんとロイロイの親友トークだ!きゃっほい!
この二人は原作のまま仲良しで嬉しい限りです。
むしろ、ロイが原作以上に安定しているので、ミッタさんとしては不幸な対立は避けられそうでよかったなあ、と。
後は女関係さえどうにかなればね、親友としての心配事も減るんでしょうけど(笑)
でもまあ、何よりも今は二人とも自身の立場が微妙で、巻き込まれる影響をどうにか最小限にとどめなきゃならない。しかも頼りにしてくる金髪くんに気が付かれないように、という何だかとっても無理ゲーな状況ですね。そんな艦隊で大丈夫か?

ミッタさんが原作どおりの真っ直ぐ正義感の持ち主ならば、義眼君のやりようも赤毛君のあり方も、到底容認できる物ではなかろうなと思ったりもするのですよね。
そもそも本心から忠誠を誓うなら、真っ先に金髪くんを諌めに行きそうな気もするんですが……そうしないのは、やはりどこかに隔意があるからなのか。原作でもどうなんだと思った部分だったりしますけど。
なにしろミッタさんが自身で金髪くんを選んだわけでなく、ロイロイが頼りたいといった男は甘党閣下で、なのに蓋を開けたら金髪クンのほうに仕える事になってて、何ぞこれ?な気分だったんじゃないかしら、とか。
それでも親友が掛け合って、実際に助けようと動いてくれた事は確かだし、と恩義を感じているのは事実だとしても。
正義感だけで突っ走る事の愚かさは、あの夜に思い知ったでしょうしねぇ。
信じているのは親友であるロイであって、さてその忠誠は……うん、この辺はあんまり突っ込まないほうが良いですよね。

そして正義感云々で言うなら、ロイもさすがミッタさんの親友だよな~って言うくらいには真っ当な人ですしね。
襲撃事件に関与してしまった事をあれだけ気に病んでいる辺りで、この世界のロイはすごくマトモ……相手が甘党閣下だったから、というのもあったんでしょうけど。
自身の過ちを母親のように責めることもなく、許し認めて、しかも本来の在り方を指し示す、何てされたらそりゃコロッと逝っちゃうよなw甘党閣下の無意識のヒト誑しっぷりがたまりませんぜ。
自分の存在を肯定されてこなかった子供というのは、本当に不安定で簡単に揺らいでしまうから、甘党閣下の言葉が自身と世界の繋がりを保つための唯一の支柱になってしまっているような気がします。縋っている、とも。
……ま、一歩間違えばヤンデレに成るけどw
それはそれで腐としてはありだしね!え?異伝?……あれはヤンデレじゃなくてただの変た……ぐぼッ。

とりあえず、頑張ってるヒルダとジンツァー准将の視点も見てみたいし、『恐ろしいほどの』とロイに言わしめたミュラーの動揺ッぷりも見てみたい。
その原因が目の前にいると知ったときのミュラーの心中とかね。
艦隊司令官達の中では温厚で常識人で人当たりもいい。普段は笑顔で穏やかだけど、あの甘党閣下の親友だぜ?きっとブチ切れたらみんな引いちゃうほど怖いと思うんだー……楽しみだなあ。うっとり←ゑ


そしてお久しぶりな教官視点w
いいねいいね!この落ち着きがタマリマセン。
というか、メルカッツ提督の指揮下は堅実に抑えてますね。リヒテンラーデ方面は……メックリンガーガンバレー?wこれはちょっとでもメルカッツ提督の心臓の負担を減らすためか?(笑)
けど何だかんだいって、此処の芸術家さんってば熱いヒトだから。甘党閣下に背中を預けて何の不安も後悔もないと言われちゃった人だしね!いざというときには周囲が唖然とするほどの行動力を示してくれる、と信じてますとも。……ほんとは抑えに回るべき人なんだろーけどなー。むしろびっくりしてビッテン君が抑える羽目になりそうだw「俺はこんなキャラじゃないはずなんだが……」とかいいそうです。
甘党閣下の負傷が伝えられたとき、どんな騒動が巻き起こったのか、こっちも気になりますね。
進軍を停止していた数日の差が、この先どうなってくるのかワクワクですとも。
……まあ、知られちゃった時点でシュターデンには残念なお知らせなんですけども。

そしてにわか講師になっているミュッケン爺ちゃんw
講演が継続してるとは思わなかったです。ぅうううう羨ましい。私も拝聴したいです!
執事のシュテファンも嬉しいだろうし。
きっと甘党閣下と顔を合わせたら、最大限の礼をすべく美味しいココアを入れてくれると思うな。帝都で評判のケーキもつけて。
うーん、トコトン甘そうだw
なるべく甘党閣下の負担にならないような、気楽で楽しい話題を心がけるミュッケン爺ちゃんの気遣いが嬉しいです。
相談されない限り、退役した人間が口を出せる事は無い、というのもあるんでしょうけれど。
…………せめて帝都防衛司令とかで復帰しないのかなあ……しょんぼり。
ていうか、もっと台詞を!!!(笑)


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]