忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだかんだと賛否両論あるようですけども、私は弱い部分も持ってる甘党閣下が大好きだ!


しかし、夜遅くまで一人残ってるなんて、ドンだけ仕事すきなのよ、と。
というか、ひょっとしてまともに自宅には帰ってないのかしら?
いちいち警備を動かすのが面倒とかそういう理由で。……くっついて歩かれるのも嫌だろうし、面倒だし。
ありえそーだなー。
ずっとキスリングが張り付いているわけにもいかないでしょうしね。
闇の左手コンビのキスリングとケスラーは、甘党閣下の体だけじゃなく、心をも本当は護りたいのかしら。でもソレがなかなか許されない、というのは辛いですね。
キスリングはともかく、ケスラーにしてみれば、帝国の支柱としての姿を求めてるわけですし。……脳裏にどこぞのメガネ部長の「青い春学園の柱になれ!!」が過ぎったとかはヒミツの方向で。
流石に甘党閣下の世界を摩訶不思議球技漫画とはごっちゃに出来ないわw

それはそれとして、左手は皇帝のため……皇帝を頂点とした国を維持する為になにが一番良いかを考えて実行するのが設立の根幹にありそうですし。きっと甘党閣下の利益や望みとは相反するところに意義がありますもんね。
でも其処を振り切ってキスリングが甘党閣下を攫うとかだとすごくBLとしては王道展開なんですが、これもまたごっちゃに出来ない世界ですw

きっと本人無意識……というか、気が付いてないだろう涙の描写に、作者様の人物に対する理解の深さを見る思いです。何の涙だったのか、きっと本人にもわからない、気がします。
かつて両親に誓った「幸せになる」という事が、実現不可能になってしまったと思い知ったのか。
……まあ、軍人になって1000万人殺した時点で、既にソレは帰れない道、遠い追憶にしか『何も知らないままの幸せ』は無いと言うことではあるんですけども。
なまじ、写真を見返して、かつての幸福だったころを思い出しているだけに、その落差が切ないです。
……というか、誰が撮った写真だ、それ。
実はリメス男爵に見せるために、執事が撮りに来てたとかだったらそれはそれで萌えるぞ!?甘党閣下の記憶に無いほど、さりげなく撮られたのか、隠し撮りか?それはストーk……げほごほ。

幸せ~ってなんだ~っけなんだ~っけ♪な部分でもあるんですが。
人殺しだから幸せになれない、といってしまったら、あの世界の軍人さんは須らく不幸って事になるし。……まあ日本人の精神な甘党閣下にどこまで耐えられるのかというのもあるんですが。
倒れる、よなぁ……なんて。
朝ヴァレリーが来たら、高熱出してソファーで倒れてても可笑しくないぞ、と。
むしろ、あの後誰かがソファで呆然としている甘党閣下を発見したのかすっごく気になりますがね!ヴァレリーかリューネさんかミュラーかで色々と展開妄想が変わります。ぐふふふふふ。あ、ロイロイでもいいかな。あんまり腐臭が強すぎて書けないぜ!な妄想ですが。甘党閣下にロイロイが絡むとどうにも腐臭が強くなり過ぎるのは、かつて読んでた同人のせいか……それとも注意書きつきで載せればいいのか?(笑)
とりあえず、ケスラーは甘党閣下を泣かせた罪で、ヴァレリーに一発殴られておけばいいよw

同盟?
……疑心暗鬼の回とでもいうべきでしょうか。
まあ、あんだけやられれば、今回もどんな裏があるのだろうと思わないはずは無いですが(笑)
今ですらこんだけ疑っているくせに、捕虜交換時の工作員の心配はしてないのか……それとも、そんなことは考えるまでも無い紳士協定だと思っているのか、居たところで問題ないと思っているのか。はてさて。
この時点では、いまだ甘党閣下が同盟を呑み尽くすつもりだと思い至らない辺り……普通はそうだよなあ、なんて。
150年続いてきた関係が、根本から叩き潰されるとは思わないだろうし、思うような思考は出来ない罠。
とりあえず、ヤンがもうちょっと諜報に積極的に貪欲になってくれないもんかと思ったり。
捕虜交換調印には自分も立ち会いますくらい言ってもいーよねー、なんて。
ごく潰しを何処まで返上できるのか、勤勉なヤンの活躍が気になります(笑)
というか、この世界は同盟軍にまともな人間が残ってるから、ヤンが頑張りすぎなくてもいーや、なんて気を抜いてないことだけを祈るのみかも?
そういえば、この調子で行くと同盟で英雄と言ったら誰になるのでしょうね。
帝国に頭をたれる決断をした方か、徹底抗戦を叫ぶ方か。
ヤンの決断が楽しみです。うふふふふ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
当方男性でありますが、九十九さまの妄想話や熟れた(腐る寸前おいしいです)感想の数々、毎度楽しく読ませていただいております。

この143話、本当すごく良い話だと思うんですよね。
仰る通り、幸せだった頃の写真を一人眺める情景と、ケスラー氏に諭され、呆然と涙を零す様との対比が実に見事で。
この辺り、作者様は本当に上手いと思います。
出世とか割とどうでも良くて、ゲラー夫妻に誓ったように幸せになる道を“選択”出来た過去との決別。
それが実に上手く、情景としてもエーリッヒの心情としても本当に上手く描き出されていて感心したものです。
もう道が決まっちゃって引き返せないんですよね。それもエーリッヒ自身は決して望んでいなかった道が。
そしてその涙を見て初めてケスラーはエーリッヒを理解したのでしょう。だからこその最後の涙。
この辺り陳腐だって感想に書く人もいらっしゃいましたが、一を書いて十を伝えるに最も相応しい描写だったんじゃないかと私は思います。

何だか長々まとまりないこと書いてしまいましたが、また妄想話その他楽しみにしてます。停電等大変のようですが、ええ是非停電に負けることなき妄想をよろしくお願いします。
フザール 2011/03/24(Thu)18:48:20 編集
Re:ありがとうございますw
男性の方にも来て頂けると、ちょっと嬉しく思います。
甘党閣下たちが本当にいろんな人に愛されてるな、何て実感します。
……だからといって、腐った脳味噌を欠片も自重はしませんが!(笑)

いろんな人がいて、いろんな感想を持つのは至極当たり前のことなので、それについては口を挟めないのですが、この場面があることで世界に深みがいっそう増したと思うのですよね。
この話が挟まれず、すぐ144話に行ってしまったら、きっとあの強気な甘党閣下の発言ばかりで、その内に抱えた弱さとか苦悩とかを知る術が読者には本当に限られてしまうので。
どんな人も、本当に望んだ道にいけることなんてごくまれで。押し流されてしまった先で、どんな風に折り合いを付けて生きていくかなんてその人自身の覚悟ひとつではありますが。
だからこそ、せめて甘党閣下にはその苦悩の果てに幸せを掴んでほしいなあ、などと思う甘党閣下スキーの戯言でした。

夏までは停電もなさそうですし、リアルに負けずに私も頑張ります!……頑張るのが妄想って、という気もしなくも無くも無く……。
【2011/04/21 05:10 つくも】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]