忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気をつけよう、甘い言葉と夜の道……じゃなくて、いい笑顔(笑)




ボルテッくん、今までも散々誘惑に打ち勝ってきただろうに、甘党閣下にふらふらと……(笑)。
このヒトはどういう生い立ちなのかしら。
生粋のフェザーン人なのかな?そして商人らしくシビアな現実主義者でもあるような。名より実を取る、と言うか。
原作のような結末は迎えないで欲しいところですが……イカンですね、甘党閣下の世界のヒトは本当に死んで欲しくない人であふれてます。
自分の能力に自信も自負もある男が、手ごわいと認めている相手から自分が必要だ、とかき口説かれて揺れないわけがない。
しかも、自身の愛するフェザーンが宇宙の中心となる、と言う壮大で甘い夢だなんて。困った男だ、なんていう気持ちはよくわかる。…………でも、困ってるだけなのね。嫌だとか、無理だとかは思ってないんだもんなぁ。
考え始めているということは、スカウトは半ば以上成功したってコトですよね。
甘党閣下の本気は恐ろしい……(笑)その積極性を女性にもむければ、ハーレムも作れるでしょうにね。ま、そんな甘党閣下は甘党閣下じゃないので、このまま超鈍感で居て欲しいですけども。
暗殺指令も、きっと『まだ見極めているのだ』なんて脳内言い訳で、ずるずると延びに延びて、気が付いたらフェザーン占領後になってました、なんてコトにもなりそうです。うふふふ。
ボルテッくんがとってもお気に入りになってきた今日この頃。
ほんと、作者様はステキ人材を原作から磨き上げて提示してくれますよね!
あ、甘党閣下発熱してるんじゃないよね?なんてちょっと心配になりました。無理続きだろうしなぁ。


そして、無理の一端だろう某お嬢様のヒルダちゃん。
どーーーーして、ヴァレリー姐さんと同じ中佐待遇やねん!!
納得いかない納得いかない納得いかないーーーーッ!
ヴァレリー姐さんが必死に努力して受け入れられた副官で佐官の位置を、いきなりお嬢様が並ぶのはイヤーーーーッ!
中途半端はしたくないなら、いっそのこと少尉くらいから始めやがれ、と思ったりしました。ええ、超贔屓の感想です。
基本的になるべくマイナス感想は書かないようにしていますが、これだけは!!
うっかり地団駄を踏んだりしました。
ヴァレリー姐さんの内心はどんなだろうか、とは思うけども、まあ其処は大人だし?元同盟人である自分よりも下の位置に付けると貴族様の反発が、とか考えてるかもしれないし?自分の傍で目を離さないでいるほうが面倒が少ないと思ってるかもですけど?……同じ職場で働いている、他の女性達はどーかなー?なんて。
すくなくとも、給湯室で私と同じように叫んでる娘がいると思うの!
すさまじい競争率を勝ち抜いて、しかも常に自身が認められるように努力を重ねて、それで離れた場所からたまに見つめては心の潤いを補給して、何てしている下士官の彼女達が。
誰よりも努力して甘党閣下の傍らにいるのは仕方ないよねと認めているヴァレリー姐さんの手を煩わせて、間近で甘党閣下を熱い目(笑)で見つめてるヒルダちゃんを早々簡単に受け入れるわけもない!
所詮お飾りの、貴族のお遊びの延長だ。甘党閣下を狙ってるのだ、と思われているに1票。
お昼とかはひとりで寂しくとってるのかしらね。少なくとも、他の女子達から誘うことはなさそう。声を掛けられても慇懃無礼とかであしらってるとか。
ついでに、艦隊司令官たちはどう思ってるのか、気になるところですね。
リューネさんにはヴァレリー姐さんの愚痴とか是非聞いてもらいたいところですけれど(笑)

甘党閣下も誰かに愚痴こぼせよーとは思うのですが。流石に観察対象にされるとかはいえないか?……今までも、散々見つめられてきただろ、と思うのですけど。それほどヒルダちゃんの視線はあからさまに強いのか(笑)

同盟の人事を知った甘党閣下の出方も興味津々。
手強いのはヤンだけじゃないぞーと改めて情報戦に力を入れてくれるかしら。うむ、シュタイン爺ちゃんの出番ですね!うきうき。まだまだ続く、帝国のステキ爺ズ総力戦w

そういえば、御誓文は既に渡した後かしら?
……陛下とリヒテン爺ちゃんたちの反応が見たい知りたい読みたいですー。うううう。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おひさです♪
お久しぶりです。

ボルテックさんってば、もうほとんど堕ちかけてますよね?(笑)
この様子なら、フェザーン占領後にはエーリッヒに協力してくれそう。
この人誑し&人使いの上手さは、流石、恒星と評されるだけあります。

でもってヒルダちゃん。
女性下士官からは「所詮貴族のお嬢様」と思われてそうです。
いくら聡明といっても、軍務に必要な知識や実務経験がないので、今のところお荷物には違いないでしょうし。
中佐待遇に相応しいと周囲に認められるには、相当な努力が必要でしょう。
エーリッヒの観察をするよりも、必死に軍務を覚える姿勢を示さないと望む評価は得られないよ~!と言ってあげたい!!
KAIRI 2011/02/28(Mon)02:05:20 編集
Re:おひさです♪
お久しでござます。
お返事が遅くなってすいません。
ボルテッくんは堕ちてるでしょう!(断言)
嫌よ嫌よもスキのうち~~~~♪な感じで。
フェザーンの為に、と言う大義名分がこれでくっつけば、協力するのに躊躇わなくなりそうです。甘党閣下の人タラシにあっちゃあ、しょうがないですよね、うん。

ヒルダちゃんはまだまだ貴族のお嬢様、と言うことかな、と思ったり。
幾ら聡明でも、未経験のことにまで早々思い至ることは少ないと思いますし。
ましてや、平民の女性士官の感覚なんて一番遠いものなんじゃないかと。
…………ここはうまくヴァレリーがフォローするか、教え諭すのか……さてどっちかしら?とニヤニヤしてしまうのは、所詮ヴァレリー姐さんスキーなのでしょうがないのです(笑)
【2011/03/13 14:58 つくも】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]