忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

……ヒルダとルッツにフラグがたった!!のか?(笑)

ほら、なんだかヒルダさんべた褒めですし。藤色の瞳が見てみたいと思ってなくもないような?
むしろものすっごーく苦労してた後だけに、安心して一緒に仕事ができる相手というのは信頼感マシマシですよねーw
ルッツもさりげなく、女性としてヒルダを気遣ったりしそうですし。
さらに戦場の吊り橋効果もプラスして、これはイイトコいくのか?いっちゃうのか?!とドキドキしたわけですが。
まだヒルダにそういう色っぽさは求めちゃだめなのかなー。ちぇw
でもまあ、まだ先はあるから進展はいくらでも……ふふふふ。
いろいろ成長していく段階ですものね!ほら、母性とかw

艦隊が来てもさくさく逃げてるだけの貴族側ですが、一瞬どこかの金髪君が使った焦土戦術とかやったらどうなってただろーとか思いました。相手側の戦力や兵站に圧力をかけるという意味で。
まあ、今でも治安維持に兵力を割かねばならない状態で、それなりに削られてはいるんでしょうが……わざわざ焦土にする意味もないほど酷い状態だったとかなら、もう何ともいえない(苦笑)
とりあえず、内政を維持できる程度の官僚は残っていたというのが驚きでしたね。それとも、最低限の部分だけは何とか平民が回していたので、そのまま残っていたとも言うのかな。どうせ貴族がマトモに仕事をしていたはずもない……というか、逃げてる奴らはそういう貴族なんでしょうし。
…………でも、中には貴族に媚を売ることで美味しい思いをしてきただろう平民官僚もいるはずで、果たして能力的に使えるのか否かという問題もあるし、他の平民からの恨みはむしろ深いんじゃないだろうかとか。そういう問題はどうやって誰が処理していくのかなーなんて。
うーん、なんだか辺境地区の先行きはまだまだ暗いですねえ。
むしろ内乱後のほうが大変なんだろうな~とヒシヒシと。
ええ、軍人じゃなく文官が盛大な悲鳴を上げて24時間戦うハメになるわけですね、わかります。


そして、なんだかとっても楽しそうな白狐じーさまとヨブ君ですね。
ヨブ君にとっては、同盟の小物相手にあれこれやるよりも、よほど手ごたえがあって楽しいかもしれないなあ。……できれば、もうちょっと有利な状態で動きたかっただろうに、手駒が少なすぎ!同盟スタートだと、いろいろ詰みゲーとかクソゲーとか言われちゃいそうだ。
まあ、縛りプレイ大好き!ああもっと縛って~~~なHE・N☆TA・Iヨブ君はアリだとこっそり思いますけどね。
あれ?これはどッかの異伝から電波がきてるのかw
白狐じーさまも帝国での逼塞した立場から、相手を嵌めて嵌めて落とすという楽しい舞台に登れて生き生きしてますものね。こいつら実は仲良しさんになれるかもしれないなと思いましたよ。薄ら寒いですけど……w

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]