忍者ブログ
某所連載中の二次小説に対する、腐女子な愛を叫ぶ場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うわは!萌えた! ……とか初っ端から恥ずかしい語りになっていくかもですが。

バイエルライン、報告のあとで胃薬をきっと飲んだでしょうね。哀れな。
甘党閣下の笑顔はすんごい威力ですね。
男性士官にまで効いてるとは、人たらしの面目躍如(笑)
ある程度近いとあの笑顔の裏に何考えてるのか分からない、という怖さをもかもし出すものなんでしょうが、ちょっと離れたら、そんなこと知ったこっちゃないし。
うっかり忘れそうになるけど、甘党閣下の外見はまだ22歳。しかも普通よりちっちゃいし綺麗な女顔。
男の園(むさくるしい熱帯園)の中に咲く可憐な花ですもんねぇ(爆笑)
そりゃ血迷う輩も出るってもんです。
おもえば、士官学校のときもそんな理由で1人部屋だったよね……。
きっと密かに親衛隊とか守り隊とかいたんだろーな。フェルナー辺りが暗躍してそうだ。
でなきゃ4年間近く貞操を守れないぜ!(笑)
でも、確かに成績がSAって事は、実技もソコソコできたのか悩みますね~。
射撃はそこそこ出来そうだけど(でなきゃ、脅しのために銃口を向けるって出来ないよね…絶対に当てちゃいけないんだもん)、格闘訓練はどうだったんだろう。
兵站科だから、陸戦科と比べればカリキュラムの時間そのものは大してないと思うけど、戦場に出る可能性がある以上、必須で護身その他はあったはず。
ううん……前世佐伯クンの記憶で学校の柔道程度は出来るでしょうけど、何処まで通用するかな。それとも合気道やってたとか裏設定があるのか。はてさて。
考えたら、元は彼女持ちで公務員とか、リア充め!と言いたくなるなー(笑)
そんな甘党閣下に「補給基地に飛ばされる!!」とびくびくしてるバイエルライン准将とか、超カワイイですけど。
ミッターマイヤー配下に推挙したのは甘党閣下じゃないのかな。
いや、されたからこそ、怖いのか?「何処で俺を知ったんだ?」「期待を裏切るようなことをしたら即飛ばされる!」とか。
たしかに甘党閣下のお墨付きというのは、名誉にもなるけど、同時にプレッシャーにもなるのかー。ふふふ。
ほかの方々の反応も見たいですね。
ラインハルトの出征の間に飲み会があったのかなかったのか、気になるわー。
この後じゃ、飲み会もお通夜になっちゃう……。
いや、落ち込んでる甘党閣下と金髪クンを引っ張り出して、と言うのもありか。


そして甘党閣下も、いわば自分のせいで三百万の将兵を殺してしまったわけで。
一人を殺すためにそれだけの犠牲を出させる。それだけ自分が同盟側に恐れられ、なりふり構わないほどの標的になっている。
恐怖でしょうね。帝国軍と言うその他大勢に紛れるのではなく、明確に、ピンポイントで、お前が邪魔なんだ、と殺意を持ってあの魔術師ヤン言われるわけだし。
少しは周りから見た評価と言うものが身に染みるのかどうか。
まあよく分かってない天然(笑)な所も魅力なんですけど。
原作ヤンは確かにそんなに酷いことをしたがらない人でしたけど、同時にそれをするだけの権限も与えられていなかった訳で。権限がないと言うことは要するに、其処まで考える責任なんて無いさ、と言うことだったのかな。戦術ではともかく、戦略政略においては、ほんとに自由の無かった人だよなぁ、と思うのです。
どんだけ勝ったところで、その後のことには自分の意思は反映されない、なんて事ばっかりで振り回されて。
歴史書を読むときのように、自身の感情は抜きで策を考え、思いついてしまう辺りが悲劇かな。
思いついても出来なければベレー帽をぬいで頭をかきむしるだけですむでしょうけど。
自身の持てる力を振り絞らなければユリアンがどうなるか分からない、ならば自身がどれだけ苦痛でもやらねばならないしやるなら最大限の効果を、とか。
あれ?基本は親ばかだから、なのかコレ。
甘党閣下もヤンも、互いになるべく味方側を殺したくない。だから敵方を大量に殺す。
戦争だとはいえ、嫌なイタチごっこですね。
お互いに其処は理解しあっているのでしょうけど、だからこそ相容れないのか。
でも、帝国の中で民主主義を経験していて、なおかつその平和を享受していたのは、いわば転生者の佐伯クンぐらいなモノで。いわば、和平を考えるときに一番手を組んでくれそうな相手だったのに、自らそのフラグをへし折るとか、知らないって怖いですねー。
ヤンもある意味「帝国とはこういうものだ」という思考に染まっている部分があるのか。やられている側からしてみれば、恐怖だけが先行するのか。
ヤンは甘党閣下を見たときの印象をどう思っているんだろうな。小さな子供にすら見えただろうに。むしろあの外見で、真剣に敵の命を助けようとしていたからこそ、戦いとなればこれだけの手を打つことが、余計に怖いのか。
そういえば、ヴァレリーが帝国のことに何やかんやと詳しかった辺りが不思議だったりしたのですが。
シェーンコップから聞いてたりもしただろうけど、ひょっとしてTVドラマでもあったのかな~と妄想してたんでした。
美人女スパイが悪の帝国に命がけの潜入!襲い来る帝国軍人の悪辣な罠から、颯爽と助け出す同じくスパイで潜入していた同盟の若き兵士とか、敵だと思うのにときめいちゃう…ああ、なんて悲劇!と思ったら味方だった、みたいなベタなラブモノ。きっと設定は妙に凝ってたりするんだ(笑)朝の連ドラでもいいな。
ユリアンに叩き起こされたあと、食事しながら付き合って見てたヤンにもイメージが知らないうちにこびりついてたり?

そして、そんなヤンの狙いをさらりと見抜いていたリヒテンラーデ侯に萌えた。
さすが宮廷闘争を勝ち抜いている爺だぜ!(笑)その渋みがたまらん……

爺で感想締めちゃう辺り、ジジイスキーとか名前を改めとくべきかな(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。
例の所の感想からやってきました。よろしくお願い致します。

ここ最近の日々のお楽しみがこの小説となっております。
つくも様のブログに乱入して、妄想だだ漏れしてもよろしいでしょうか?

勝手な妄想なのですが、甘党氏は体格をカバーするため、格闘戦よりも逃げ足を鍛えているのかなと思っております。合気道系ですかね。佐伯君時代に極真空手とかやってたら面白いですが。
たぶん細マッチョ。持久力はそこそこ、瞬発力はあるに違いない。
飛び道具系の銃器も体格をカバーするには必須のアイテムでしょうし。

ゼーアドラーでリッチな金銀妖眼をスポンサーに、甘党氏の副司令長官就任飲み会とかやってそうです。彼は他人に財布を開かせるのを良しとしないタイプだと思っております。割り勘とか言いつつサクッと先に払いを済ませてそう。

副司令長官室でのケーキとココアの飲み会もすごいことになってそう。
青二才とか次世代組は副司令長官室に参加。出会いの場もセッティングで、一石二鳥です。

長くなりました。申し訳ありません。
またお邪魔させてくださいませ。
oskar 2010/11/17(Wed)15:54:05 編集
無題
はじめまして。
某所感想ページからリンクを辿って参りました。

「腐女子臭も含めたモエ語りを全力全壊で飽きるまで書く」とあったので、少し心配しながら覗いてみましたが私的には大丈夫でした。

帝国を舞台にしたTVドラマや小説、絶対にありそうですよね。
同盟建国の歴史が歴史ですから、同盟の政治家が思想誘導をしなくとも、普通に反帝国・反帝政・反貴族な色の強いストーリーが溢れていそうです。
KAIRI 2010/11/17(Wed)18:23:12 編集
いらせられませ!
oskar様>
はじめまして。こちらこそよろしくお願いします。
私も毎日妄想が忙しくて大変なんです。
妄想だだモレ大歓迎です!そのために此処を開いたんですし。思う存分語ってください。
なんて私得v
なろう感想板だと、他の方に感想返しが出来なくてウズウズするんですよね。
荒れたら大変だからというのは分かってるんですけど、一緒にソウヨネー!と言えないのがなかなかツライです。

甘党閣下は確かに逃げ足重視でしょうね。生存最優先。生き残れば勝ち、みたいな。
でも飛び道具系は絶対練習したでしょう。体格の不利を補うためにそりゃもう必死で。集中力勝負なら負け無しのような気がしますし。
合気道は元々知ってるなら、と思うのですが、黄金樹時代にまでそれが残ってるとは思えない辺りが何とも……文化風俗慣習がとっても謎ですし、真剣に考察し始めると危険な原作突っ込みになりかねない(笑)
ないにしても、きっと関節系の極め技くらいは何かしらあるよね!と思うことにしましょう。うん。でなきゃ、身の危険が…(笑)

ゼーアドラーの飲み会はどうなったのか、作者様が書かれるのをウズウズ待っている次第ですが、誰主催なんでしょうね。
一番金持ちはやっぱり金銀妖瞳なんでしょうけど、甘党閣下も「飲み会は上司が持つのが普通でしょう」と日本人的発想で勘定してそうな気もします。……会計を取り合う二人とかもかわいいですよね。うふふ。
副司令長官室でココア飲み会が出来るほど、平穏に早くなって欲しいものですよね。出会いの場をセッティングとかだと、腕を振るうのはヴァレリーかな?そうやって反感を抑えて女子票を纏め上げる、と。どうしよう、どんどんヴァレリーのイメージが黒くなっていきます(笑)まったく主従そろって!!!

お暇がありましたら、また覗いてくださいませ。お待ちしております。

******************

KAIRI様>
はじめまして。ようこそいらっしゃいませ。
……おおっと、男性の方でしたか。この程度なら大丈夫との事、ほっとしました。
しかしこの先はどうなるか私にも分からないのですけども(笑)
直接的な描写は此処には書かないつもりですし、表現には一応(?)気をつけるつもりですが、あんまり危険そうなときには冒頭に注意書きをすることにしますね。ヤバイ、と思われたら即回避してください。

小説やドラマでも、対帝国モノは根強い人気を持ったジャンルっぽそうですよね。悪人が明確であるというのは時代劇にはお約束ですし。
アーレ・ハイネセンとかグエン・キム・ホアを主人公にした大河ドラマも何度も放送されてそうです。きっとオープニングは惑星アルタイルでの奴隷時代から始まるのがお約束なんですね(笑)
確かに建国の経緯を考えると、少しでも帝国側に好意的なモノを出したら、すかさず叩かれそうです。もしくは自主規制という名の無形の圧力かな。
そんな教育をずっと施されてきてるわけですよね、どっかの隣国みたいに。考えると怖い話です……フェザーンを知ってるヤンはそれでも少しはマシなんでしょうが。
それを思うと、生粋の同盟人であるヴァレリーが何とか馴染んでいるのはもの凄いことですね。反射的な嫌悪感とかもあるでしょうに。甘党閣下のおかげか!もしくは甘党閣下のせいで居る羽目になったので絆された自分に諦めてるとか(笑)

お暇がありましたら、また覗いてくださいませ。お待ちしております。
つくも 2010/11/18(Thu)02:18:50 編集
無題
つくも様、レスありがとうございます。
当方の性別は恐らくつくも様と同じはずです。
勝手なイメージなのですが、原作及びこの作品における銀英伝世界での18禁甘々BLは雰囲気ぶち壊しな気がするので少し躊躇っていた次第でして……。
実のところ、エーリッヒが老若男女の別なく愛でられたり、今回のバイエルラインの様に恐れられたりする光景を想像するのは大好きなのですよw

>副司令長官にニコニコされながら “バイエルライン准将ですね、名前は覚えました” なんて言われたらお先真っ暗だ。
>ヴァレンシュタイン副司令官は穏やかな微笑を浮かべた。やばい、何が来る?
この文の辺り、お腹を抱えて笑いながら読んでいました。
エーリッヒを恐れている人に対しては、きっと何の裏もない穏やかな笑顔ですら威圧になるんでしょうね。
本人は全く気付いていないと思いますが……。
そして笑顔に威圧された相手が挙動不審になったり過剰反応したりすると、エーリッヒは笑顔のまま応対を続けながら、内心で“失礼な奴だ”なんて考えている気がします。
KAIRI 2010/11/18(Thu)11:52:54 編集
無題
つくも様
お返事をいただきありがとうございます。

では、遠慮なくだだ漏れさせていただくこととします。

HNから丸分かりですが、金銀妖眼偏愛なので、うるさい時はご注意いただければ自粛致します。

ヴァレリー姉さんも甘党氏と一緒にいるうちに、無自覚な腹黒が定着してると思うんです。そうじゃないと甘党氏の副官はこなせない。そして、甘党氏の女性部下の相談所もやってそう。結局の所、面倒見の良いみんなのお姉ちゃんだと思われ。

格闘技ですが、いつの世も白兵戦を前提とした物はあるので、合気道という名前はついていなくても何かがあると思うのです。
そして、肉弾戦では関節技は基本。
プラスαでトマホークをぶん回したり、火器を使ったりしているはず。原作では出てきませんが、火気厳禁の場所ではボウガンとかアーチリー的な物も使ってそうな気がします。佐伯君が弓道部出身とかだとなお面白い。
鏃は特殊金属とか何か細工の必要がありそうですが。ネットが飛び出して不動化するとか?うーん、考えだすとキリが無いですね。
スタンガンや特殊警棒も進化してそう。

金銀妖眼はお金の使い方が上手なイメージなんですよ。なんというか、使うべき時にガバッと使うような。無駄遣いはしないけど。親の商売を畳んだのではなく、オーナーしてそうだし、株とか不動産とかからの上利が凄そう。軍でも高給を取っているはずですが、お小遣い感覚だと思われ。
翻って甘党は佐伯君時代が公務員。予算に合わせて計画的にが染み付いている+こちらの世界では両親が早世。家賃収入と祖父リメス男爵からの相続があるけれど、あくまで庶民的な金銭感覚をしてそうなイメージです。
金銀妖眼は410年物を美味しいからで開けちゃうけど、甘党氏はスペシャルな時に開けるイメージで分かっていただけますでしょうか?

18禁であれ22禁であれNL、BL共に読むのは美味しくいただいちゃうのですが、自分では書けない……。
エーリッヒの初恋(ハインリッヒの娘?)とか、金銀妖眼の普通の恋愛とかリューネブルクとヴァレリーの微妙な関係とか、妄想だけは膨らむんですけどね。

長々と失礼致しました。
oskar 2010/11/18(Thu)21:33:55 編集
無題
KAIRI様>
これは、重ね重ね失礼をいたしました。
恐らく貴腐人仲間ですね(笑)。
御懸念のほどは良くわかります。確かに雰囲気をぶち壊すほどのアレやコレやは……と躊躇うのも、昨今の主流を見れば同意できるものですし。私も原作やこの作品ではちょっと違うんじゃ?と思います。
…………というか、私もいい加減この世界に嵌まり込んで長い(えーと、某夏冬の大祭りが晴海で開催されてた頃の銀英コスプレは同盟も帝国もカッコよかったですよね!と言える)ので、いまさら寝室でのプロレスごっこ♪よりも、眼差しの流れひとつ、差す手引く手の指先の細やかな動きひとつ、の無言の駆け引きにモエを感じる性質なのです。すでに枯れかけた侘び寂びの境地と言うか?(笑)

甘党閣下が意図せず人を威圧する迫力があるのはたまりませんよね!ムッハー!とモエ全開になります。
笑顔は、もとは戦闘の表情だったとも言いますし。ある意味、穏やかな表情は感情を見せないための仮面でもあるでしょうしね……あの内面描写を鑑みるに。ふふふ。更に広がる勘違いにもわくわくしているのです。
そして、その笑顔を引きつらせる爺連合が大好きなのです!(あれ?またこのオチ……)

また覗いていただけると嬉しいです。お待ちしております。

******************

oskar様>
おおお!早速の妄想ありがとうございます。
うっかり弓道部な佐伯クンに萌えてしまいましたよ(笑)脳内イメージは甘党閣下なんですけどね。
的を見据える視線が、視線がああああ!(壊)
………こほん。えーと。
金銀妖瞳はお金の使い方は上手そうですよね。出し惜しみをしない、というか。お金に執着したがらないのに増えていく、というイメージです。本人はこんな金などどうでも良いさ~と嘯きながら、でも性格ゆえにある程度は堅実な運用もしちゃう、みたいな。こーのお貴族様め!な感じ(笑)
女性を憎みながらも求めずには居られない、乱に治を治に乱を求めるような、そういう二律相反した矛盾の塊のような人、とか思ってます。これと双璧やってた疾風さんは凄いですよね(笑)
甘党閣下は……そうですね、きっと根は庶民ですよね(笑)
あくまで自分の身の丈に合った(と思っている)使い方しかしなさそう。
家賃収入はそのままゲラー夫妻への管理費になりそうだし、リメス男爵のお金には手をつけるなど考えてないでしょう、本当に必要にならない限り(……そういえば、これの利息はどんなことになってるんでしょう?)。
副司令長官になったけど、減給されてるままだし?(笑)まあ、元が地位に見合ったソコソコの額ではあるんでしょうけど。
あれ、やっぱりお金を使うイメージが浮かびませんね。
一番の出費がココアとケーキの材料とかだったらどうしましょう!
それも誰かのための特別なスペシャルケーキだったら、高級材料を買いそう。自分のためには滅多に使わないけど、誰かのためには惜しみなく幾らでも使う……おっと、夢を見すぎているみたいです。反省。

私も読むだけなら何でもござれなんですが、書くのは……(笑)
恋愛話妄想もお待ちしてますよ~。自分ではその辺の甘いのは考えられないので。
また覗いていただけると嬉しいです。お待ちしております。
つくも 2010/11/19(Fri)00:16:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[07/29 toka]
[03/15 minazo]
[08/21 azuraiiru]
[08/21 azuraiiru]
勉強になるなぁ←返信済♪
[07/26 aya]
プロフィール
HN:
……つくも
性別:
……非公開
趣味:
……妄想
自己紹介:
腐女子よりもすでに貴腐人と呼ばれる程度には、妄想世界に棲息中。
いつもかなり隅っこの茨の中を1人で爆走します。
ブログ内検索
カウンター
メールフォーム
返信希望の場合は、基本的にブログ内で行います。 *は必須記入項目です。
Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]